エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【UToday】今、もっとも注目すべき、ブロックチェーンの世界で成功している女性たち

現在、グローバルな暗号通貨の広がりに大きく貢献したブロックチェーンの世界でトップクラスに位置する女性を紹介しよう。

彼女たちとは、Athey, Susan (Ripple)、Baldet, Amber (Clovyr)、Boring, Perianne (Digital Chamber of Commerce)、Haun, Kathryn (Coinbase)、Kim, Joyce (Stellar)、Reckhow, Carolyn (Casa)、Vranova, Alena (Trezor)の7人である。

中央集権化された金融と政治の現在の世界は、しばしば老若男女の狡猾な野心的な男性によって支配されている、家父長的な体制に関連づけられている。しかし、ブロックチェーンは、分散化された、機会の均等化を目指しているシステムを映し出す考えなので、今日、ブロックチェーンの世界で働いている、もっとも成功している女性たちを見るのは楽しいことだと思っていた。女性たちは、アルファベット順で表示されている。まさに、幸運で才能があり、忍耐強かった7人の女性たちである。

Athey, Susan (Ripple)

デューク大学の経済学、数学、コンピューターサイエンスの学士号、スタンフォード大学の経済学博士を取得したSusan Athey氏は、おそらく、このリストのすべての女性の中でもっとも徹底的に訓練され、学問的に評価されている。以前はMITとスタンフォードで教鞭を執り、数年前からMicrosoftの経済コンサルタントとして働き、2013年にRippleに入社した。Rippleの取締役会では、同社の経済戦略に貢献し、ブロックチェーン技術や分散型帳簿技術の使い方について、一般社会において教育を行っている。

Baldet, Amber (Clovyr)

Amber Baldet氏は、JP MorganBlockchain Center of Excellenceの前専務理事で、JP Morgan内の分散型帳簿技術(DLT)のアプリケーションへの取り組みをリードしている。現在、Amber Baldet氏は、最近設立されたプラットフォームClovyrの共同設立者で、CEOである。Amber氏によると、同社はブロックチェーンの「アプリケーションとサービスのフレームワークとエコシステム」の開発を専門としている。この技術を熱心に信じている彼女は、地域社会に影響力のある人物であると考えられ、同時にZcash Foundationの理事も務めている。

Boring, Perianne (Digital Chamber of Commerce)

Perianne Boring氏は、2014年に設立されたDigital Chamber of Commerceの社長兼創設者である。このセンターは「ブロックチェーン技術を代表する世界最大の貿易協会」であると主張し、Perianne Boring氏を業界の最前線に打ち出している。彼女は、フロリダ大学を卒業後、米国下院の立法アナリスト、RT Americaの金融サービスジャーナリストとして、最終的には彼女自身の会社を設立し、さらに注目を集めた。今日、彼女は女性だけでなく男性の間でも、ブロックチェーン技術分野のオピニオンリーダーと考えられている。

Haun, Kathryn (Coinbase)

Kathryn Haun氏は、サンフランシスコに本拠を置く有名なデジタル通貨交換プラットフォームであるCoinbaseの取締役会で働いている。彼女の法律上の経験と専門知識を評価されて、スタンフォード大学の卒業生である彼女は、以前、米国司法省の連邦検察官として働いていた。そこにいる間、彼女はシルクロード調査における連邦捜査官の間での恐喝詐欺、米国財務省とリップル研究所の銀行秘密法違反など、そのような重要な事例に関与していた。Kathryn Haun氏は、Coindeskが米国政府の規制とコンプライアンスガイドラインの中でうまく機能するように、彼女の素晴らしい経歴を利用している。

Kim, Joyce (Stellar)

Joyce Kim氏は、間違いなく、今日最も成功した暗号通貨業界の女性の一人である。Joyce Kim氏は、2年前(2016年)に、時価総額6番目に大きな暗号通貨であるStellarの共同設立者(ジェッド・マカレブと共同で)を辞任したが、同社との緊密な関係を維持している。以前は国連で移民と持続可能な発展に関する演説を行っていたため、アジアやアフリカを含む世界中の低所得者層の所得不平等を自身のミッションとして、取り組も始めた。この原因をさらに解き、革新を通じて実世界の問題解決を試みているなかで、2017年、Joyce Kim氏は、初期のベンチャーキャピタルファンドであるSparkChain Capitalの業務執行役員になった。

Reckhow, Carolyn (Casa)

Carolyn Reckhow氏は、デジタル通貨のマルチシグでのストレージを専門とする、最近設立された会社であるCasaのオペレーションおよびクライアントサービスの責任者である。Carolyn Reckhow氏は、 Joseph Lohin氏のConsenSysの元ディレクターも務めていたことがある。ConsenSysは、イーサリアムの分散ネットワークのソフトウェアを開発している会社で、2018年11月初めにEOSをブロックチェーンの会社ではないと非難した、まったく同じ会社である。Carolyn Reckhow氏は、社会科学を専攻してきた背景から、自分自身を「インターネットのマクロソーシャルワーカー」にたとえている。Carolyn Reckhow氏は、Casaの野望がその日までに成長するにつれて、実践的なアプローチと細かいコミュニケーションスキルを確実に追求していく。

Vranova, Alena (Trezor)

彼女の母国であるチェコ共和国の保険会社で10年間働いた後、Alena Vranova氏は、Satoshi LabsのCEOを務め、非常に求められていたTrezor Walletを創設したことで、暗号通貨コミュニティの間で有名になった。2018年秋には、Carolyn Reckhow氏が現在働いているCasaの開発部門のグローバルディレクターに就任した。 現在、Alena Vranova氏は、裕福な暗号通貨所有者から構成された顧客層を築くために、自身の戦略的なノウハウを使い、Satoshi Labsと密接な関係を築いている。暗号通貨所有者には、デジタル資産を守るために、最善のハードウェア保護を約束している。

出典「Blockchain’s Most Successful Women: The Lucky Seven List」

 

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ