エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【ZEROBILLBANK LTD】AIとブロックチェーンを活用した住宅ローン審査手法の研究開始

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

全国保証と、ナレッジコミュニケーション、ZEROBILLBANK JAPANの3社は、AIとブロックチェーン技術を活用した新たな住宅ローン審査手法と、申込みフロー構築に関する研究を、2018年12月12日(水)より開始した。

全国保証が保有する住宅ローン保証データと、ZBBのブロックチェーン技術によって得するAPI情報について、ナレコムのAIが分析と審査判断する仕組みを構築するため研究を開始した。

この研究の革新性配下の3点に絞られる。
1.全国保証の保有データと審査ノウハウを、ナレコムのクラウドAI活用基盤「ナレコムAI」にてモデル構築。
2.ZBBのブロックチェーン基盤「ZBB CORE」を利用した秘匿性が高いAI審査スキームの実現。
3.AI審査に外部APIから取得するクレジットカード情報、銀行口座情報も活用。

全国保証は、住宅ローンの信用保証事業が中心で、保証債務残高12兆円超、保証件数約75万件を有する独立系の信用保証会社である。同社は、蓄積してきた審査・債権管理データや審査ノウハウのAI化に取り組む。

AI審査モデルには、AmazonやMicrosoftから提供されるCloudAIを基盤とするナレコムのプロダクト「ナレコムAI」を利用し、審査モデルの開発時、運用後の精度見直しを短期間で実現する。

ユーザーからの住宅ローン審査申し込みのプラットフォームは、ZBBが提供するブロックチェーン基盤「ZBB CORE」を活用し、秘匿性を高くした仕組みによって、審査に必要な年収や、勤続年数などのセンシティブ情報の外部連携を可能にする。審査データは、ユーザー情報以外に、外部APIから取得し、クレジットカードの履歴や銀行口座の履歴活用を想定している。

今後3社は、住宅ローンの保証データとクラウドAI ×ブロックチェーンの仕組みを活用し、従来審査に影響を与えているデータの分析と審査を自動化し、従来とはまったくる異なる審査の仕組みの構築を図る。

さらに、関連事業者の外部サービスや既存システムと連携し、秘匿性を十分に確保してから、審査済みの信用情報やAPIから取得したデータ群を安全に流通させ、事業者間で利活用できるサービスを提供し、ユーザー体験の向上に取り組んでいく。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ