エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社モバイルファクトリー】仮想通貨を所持していなくても DAppsを利⽤できる「Uniqys Transaction Proxy」β版利⽤登録を開始

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

モバイルファクトリーの 100%⼦会社であるビットファクトリーは、イーサリアムのDAppsを利⽤する時に、仮想通貨(ETH) で⽀払う取引⼿数料をユーザーに負担させないで、DAppsが利⽤できる開発者向けサービス「Uniqys Transaction Proxy」β版の利⽤登録を開始した。

「 Uniqys Transaction Proxy」とは?
「Uniqys Transaction Proxy」は、ビットファクトリーがイーサリアムのトランザクションを代理で発⾏することで、ETHをもっていないユーザーもDAppsを利⽤できる、開発者向けサービスである。いつもなら、ユーザーが取引手数料を負担するのだが、それをビットファクトリーが負担し、このサービスの利⽤料はDApps開発者から徴収する。ユーザーはDApps内で販売しているアイテム等のトークンを購⼊するのにETHが必要だが、このサービスを利⽤すれば、⽇本円でも⽀払いができる。ETHをもっていないユーザーでもDAppsを利⽤できることで、 開発者はDApps利⽤者の幅を拡大できる。

開発の背景
「Uniqys Project」では、DApps の普及活動を行うなかで、ユーザーが直⾯する最初のハードルは、仮想通貨の入手だと考えた。ユーザーが ETH を所持するには、仮想通貨取引所に登録し、仮想通貨を購⼊し、任意のウォレットに送⾦する必要がある。また、DApps でデータのやり取りするときには、イーサリアムの仕組み上、取引1 回ごとにユーザーがETH で取引⼿数料を⽀払わなければならない。それらを踏まえたうえで、ユーザーが ETH を持たずに、 DApps の利⽤可能にすることにより、ユーザーのハードルはかなり下がるし、DApps を気軽に使えるようになる。

β版とは?
β版では、テストネットでトランザクションの代理発⾏の仕組みを無料で試すことができる。β版の利⽤はには、公式サイトからの申し込みが必要だ。「Uniqys Transaction Proxy」の公式サイトはこちらから

「Uniqys Project」とは?
「Uniqys」 とは、次世代のインターネットとして期待が⾼まるブロックチェーン技術を活⽤した、分散型アプリケーション( DApps︓Decentralized Applications)の普及を⽬指すプロジェクトのことである。ユーザーにはDApps が⾝近になる環境を、開発者にはDApps 開発を⽀援する周辺ツールを提供することで、両側⾯から DApps の普及を推進する。

「Uniqys」の公式サイトはこちらから

コンプライアンス充⾜について
プロジェクトの進⾏については、コンプライアンスの充⾜が必要である。このプロジェクトは法律の専⾨家との協議を経て、法的に問題がないことを確認してある。必要に応じて、会計、税務の専⾨家らとも協議している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ