エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Blockspoint】ブロックチェーンは観光業界でもっとも活発に利用されている

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

2018年は、ほぼすべての暗号通貨の価格が下落をしたが、暗号通貨の基盤となるブロックチェーン技術の開発には何の影響もなかった。なかでも観光業界は、ブロックチェーン技術を積極的に導入している業種のひとつだと、CCNは報じている。

いくつかの空港では、デジタル通貨を合法的な支払い手段として認めており、アムステルダムのスキポール空港は、ビットコインやイーサーとユーロの交換を可能にする暗号通貨専用のATMを設置している。そのうえで、エールフランス航空やKLMオランダ航空の持ち株会社であるエールフランスKLMは、フライトのコストを削減し、仲介者のサービスを除くために、ブロックチェーンを採用している。

第三者は、ホテルや航空会社、およびこのプロセスの参加者の間でのコミュニケーションはさておき、最終的には、旅行費用に大きく影響するサービスの料金を請求する。そのかわり、ブロックチェーン技術は、例えば、観光客は、Hotels.comのようなサービスを利用する代わりに、スマートコントラクトを利用して部屋を予約できる。

したがって、サービス提供者にとってみれば、料金は確実な方法でタイムリーに顧客から受け取ることができる。ある調査によると、航空業界は、クレジットカード詐欺のために毎月10億ドルの損失を出している、という。

以前、大手の暗号通貨交換所のBinanceは、オーストラリアのブロックチェーンのスタートアップであるTravelbyBitに、250万米ドルを投資していた。これは、暗号通貨の支払いを受け入れ、一つのアプリで、チケットやホテルを予約できる、観光専用の支払いシステムである。

ブロックチェーン技術は、金融業界以外に、大量のデータの監視や処理を必要と売る他の業界で、実装されつつある。

出典「Blockchain Is Used In Tourism More Actively」

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ