エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社インロビ】ブロックチェーン人材育成講座「クリプトキャンプ」は第2期生募集開始

インロビは、ブロックチェーン人材育成講座「クリプトキャンプ」の第2期生募集を開始した。今回からはWEB受講も始まり、遠方の方も受講できるようになった。

「クリプトキャンプ」の概要
「クリプトキャンプ」は、ブロックチェーン分野の第一線で活躍できる人材育成が目的のた講座で、ブロックチェーンは社会実装が進んできているが、専門スキルを持つ人材はエンジニア、ビジネスサイド共に不足しているのが実情で、人材育成が喫緊の大きな課題である。そこで、インフォビとしては、人材育成のために、エンジニアコースとビジネスコースを用意した。

エンジニアコース
対象者:技術的にブロックェーンの理解度を高めたい人
スマートコントラクトの基本を身に着けたい人
ブロックチェーン領域で活躍したい人
必須条件:MacかWindowsのPCを持っている人
何らかのプログラミング経験がある人
コース概要:solidityの学習を通してブロックチェーンに関する理解を深め、と同時に、既存のWebサービスとの連携も学ぶ。
受講料:10万円(税別)/全6回 (WEB受講のみは3万円)

コース詳細
2月25日(月)BLOCKCHAIN、仮想通貨の基礎

ブロックチェーンの生まれた技術的な背景や、ブロックチェーンで抑えておくべきポイントを紹介。たとえば、暗号技術領域やP2P通信領域、合意形成などの理解を深めることを主眼に。スマートコントラクトを動かしていくための環境の説明も行う。

3月6日(水)ORIGINAL TOKENの発行
DAppsの作成の前に基本的な理解として独自トークンを作成し、基本的なスマートコントラクトの作成方法や、イーサリアム上で実行可能なプログラミング言語であるsolidityの書き方を学ぶ。ハンズオン形式で行うので、理解がより深まる。

3月13日(水)Solidity言語の理解
E02で作成したTOKENの解説とその動き、Solidityで記述した用語などを説明。目的としているDappsの動作イメージを各自の環境で動かす。

3月20日(水)スマートコントラクトをDAppsへ
スマートコントラクトを改良し、html、JavaScriptを使用してDAppsを作成。スマートコントラクトないのデータをhtmlに反映させる基礎を行う。

3月27日(水)DAppsの拡張、解説
スマートコントラクトのデータ出力以外に、ゲーム的な要素、ランダムのように見える機能やルールを追加し、DAppsを各自で機能追加する。

4月3日(水)スマートコントラクトのセキュリティ
スマートコントラクトのデータ出力以外に、ゲーム的な要素、ランダムのように見える機能やルールを追加し、DAppsを各自で機能追加する。

講師:木村和幸氏
テコテック取締役CTO。テコテック最高技術責任者として最先端のブロックチェーン技術開発に携わる。テコテックでは、仮想通貨交換業認可取得の実績に基づいた確かな仮想通貨取引システムを提供。 ICOサポート事業ではトークン設計からホワイトペーパー作成、トークンの発行、セール実施、Dapps開発までICOプロジェクトを一気通貫でサポートし、ブロックチェーンに関する豊富な実績から最適なソリューションを提供している。

会場:VOYAGE GROUPの会議室
東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス

ビジネスコース
参加対象者:ブロックチェーンに関する理解度を高めたい人
ブロックチェーンをビジネスで活用したい人
ブロックチェーン領域で活躍したい人
コース概要:ブロックチェーンの概要や特徴、可能性、課題などの基本から、ブロックチェーン活用を進めている各業界の講師をお呼びし、社会実装についての理解を深めていく。
受講料:5万円(税別)/全6回 (WEB受講のみは2万円)

コース詳細
3月7日(木)ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンに関する基本的な情報をおさらいし、ブロックチェーンが持つ特徴や従来の仕組みとどのような点が異なるかを理解していく。
講師:峯荒夢氏
ガイアックス技術開発部。技術開発部で新規技術開発チームさきがけを率い、個人としてはシェアリングエコノミーを支える最も重要な技術としてブロックチェーンに注力。中間者搾取が排除され、フェアで不正の無い世の中を実現できる技術と信じ取り組んでいる。ブロックチェーンの国際標準化を検討するTC307/ISO国内検討委員にも名を連ねている。

3月4日(木)仮想通貨、ブロックチェーンに欠かせない法規制への理解
仮想通貨、ブロックチェーンを用いてプロジェクトを実施する場合、国内における法規制への理解を深めることは必要不可欠。
講師:河合健氏
アンダーソン・毛利・友常事務所パートナー。フィンテック分野の法務に精通し、仮想通貨取引所等の仮想通貨関連企業及び大手金融機関等に対して、仮想通貨(仮想通貨交換業登録、仮想通貨ファンド、ICO等)及びブロックチェーンに関するリーガルアドバイスを多数行う。 事業者団体である日本仮想通貨事業者協会の顧問弁護士。 また、大手金融機関においてデリバティブ取引等の市場業務に約15年間従事した経験を踏まえ、金融規制法、デリバティブ取引、仕組商品、金融商品関連紛争等に関し、金融実務に即したアドバイスを行うことを得意とする。

3月28日(木)事例から見るブロックチェーンの特徴①
今後ブロックチェーンをどのように活用してくのがよいのか、多くの業界で議論が進んでいる。この講義では2回にわたり、各業界での活用のされかたや取り組みを紹介。「事例①」では不動産領域での活用事例や国内での動き、電力を中心としたエネルギー領域での活用事例などを専門家を招いて紹介する。

講師①:松坂維大氏
LIFULL LIFULL HOME’S事業本部 事業支援部 不動産情報バンクグループ グループ長。1999年株式会社LIFULL(旧ネクスト)入社。以降、「LIFULL HOME‘S」の営業・企画・商品開発等に携わり、その後、新規事業・子会社の立ち上げおよび経営にも参画。現在は「ブロックチェーン×不動産」をテーマに分散台帳技術による情報共有コンソーシアムの立ち上げや、不動産取引のトークン化に関するプロジェクトを推進中。

講師②:江田健二氏
富山県砺波市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。 アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)に入社。 エネルギー/化学産業本部に所属し、電力会社・大手化学メーカ等のプロジェクトに参画。 その後、起業。主に環境・エネルギー分野のビジネス推進や企業の社会貢献活動支援を実施。
一般社団法人エネルギー情報センター理事 一般社団法人CSRコミュニケーション協会理事 環境省 地域再省蓄エネサービスイノベーション委員会委員

4月4日(木)事例から見るブロックチェーンの特徴②
「事例②」ではゲーム・エンターテインメント領域の事例を中心に紹介。当日は実際にブロックチェーンゲームを開発運営者の話や、ブロックチェーンゲームをはじめとしたDapps領域でのプラットフォームの提供者と、それぞれの視点から活用事例や業界について話をしてもらう。

講師①:髙橋秀彰氏
2010年に独立系SIerに新卒入社。クラウド関連事業での設計開発や、開発基盤構築に従事。 2015年 株式会社モバイルファクトリーに入社し、モバイルコンテンツ事業でフロントエンドの開発・構築を担当。 現在はDAppsの普及を目指すUniqys Projectのプロダクトマネージャーを担当している。

講師②:畑村匡章氏
グッドラックスリー取締役。2004年 DeNA入社。 日本を代表するゲーム&SNSサイト、モバゲータウンを構想し立ち上げる。 第5回Webクリエーション・アウォードにて、Webの発展に最も貢献した人に贈る「Web人大賞」を受賞。 同社では英語圏向けソーシャルゲームプラットフォーム、中国語圏向けソーシャルゲームプラットフォームの立ち上げを担当し、事業拡大に貢献した。 2012年 スクウェア・エニックス入社。 同社オンライン会員サービス、ソーシャルゲーム基盤の統括など、国内、海外での豊富なプラットフォーム開発、運営経験を持つ。 2017年8月よりビットコインやブロックチェーン技術による、ユーザーによるユーザーのためのサービスを実現させるため株式会社グッドラックスリーに参画。

4月11日(木)、18日(木)ブロックチェーンでビジネスを組み立てる
ワークショップを行う。受講生で任意のグループを作り、ブロックチェーンを用いたビジネスのアイディアをまとめる。他業界の人の意見などに刺激を受け、同業界だけではなかなか発展しないようなアイディアが出ることが期待されている。

【会場】LIFULLの会議室
東京都千代田区麹町1-4-4

クリプトキャンプの詳細やお申し込みはこちらから。

協賛企業

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する