エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Coinpedia】次の5年間にブロックチェーンで変革する業界10!

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

ブロックチェーン技術はさまざまな産業を変革させている。これまで一般的に前例のなかった技術は、2024年までに3兆ドル以上の時価総額を持つことが期待されている。これは、その技術がさまざまな業界に大きな可能性をもたらすことを示唆している。ほとんどの業界は変化に対して抵抗する傾向があるが、遅かれ早かれ、多くの企業は効率と収益性を確保するためにブロックチェーン技術を採用する必要があるだろう。

では、現代の産業界はどのようにしてブロックチェーンを活用しているのか? 一般的に、私たちと世界が、将来、ブロックチェーンがさまざまな産業を変革させると考えるのは、すでにブロックチェーンがいくつかの分野で活用され始めているからである。ブロックチェーン技術を採用している、もっとも有名な2つの企業が、アリババIBMである。

アリババ
2017年だけで、アリババはブロックチェーンに関する406件のアプリケーションの特許のうち、43件の権利を取得している。これらの特許は、アリババにブロックチェーンを革新し、発明し、そしてデザインする力を与えている。アリババが、ブロックチェーン技術を活用したときに、さまざまな事案があった。たとえば、分散型の金融業務を可能にするための、「The Ant Financial Blockchain」をリリースしたことである。

また、国境を越えたデータの追跡を容易にするために、ブロックチェーン技術をさまざまな子会社に導入している。そうすることで、以前よりも比較的もっと簡単に、ロジスティクスと流通のことを記録できるようになった。ブロックチェーン技術を導入している子会社の一つがLynx internationalである。。また、サプライチェーンを最適化するために、アリババの子会社であるT-Mallも、ブロックチェーン技術を導入している。そうすることで、2つの企業は、50カ国以上に及ぶ出荷データをより効果的に追跡できるようになった。

IBM
IBMはまた、ブロックチェーン技術で開発したソリューションを顧客に提供する役割も果たしている。IBMブロックチェーン・プラットフォームは、ブロックチェーン・ネットワークを構築し、セキュリティを強化したいと願う人たちにとっては、優れたソリューションである。IBMがブロックチェーンを活用している例には、「IBM Food Trust」「Verified.me」、そのプライベート・エクイティ・ネットワークがある。

「IBM Food Trust」は、小売業者と生産者をプラットフォームによって結びつけるものである。そうすることで、バリューチェーン(企業活動における業務の流れを機能単位に分割してとらえ、業務の効率化や競争力強化を目指す経営手法)全体にわたって、透明性や説明責任をもたらすことになる。「Verified.me」は、ユーザーが運転免許証や銀行口座のIDを識別し、検証し、IDの盗難を防ぐブロックチェーン・ネットワークのことである。

今後5年間で、次の10の産業はブロックチェーン技術によって大きく変革するだろう。

自動車産業
自動車業界は、ブロックチェーン技術を採用することで、大きな利益を得ることができる。今日、車を買う場合、購入資金が足りないときには、金融仲介業者を頼りにする。しかし、それは結局、購入コストの増大に繋がり、個人情報や機密情報も提供しなければならない。しかし、ブロックチェーンを活用すれば、そうした問題は解決できる。

あなたは「オートブロック」について聞いたことは? あなたが自動車やブロックチェーン愛好家であるならば、「オートブロック」を持っていなければならない。このプラットフォームは、あなたを自動車の買い手と売り手に結びつける。トランザクションは、ブロックチェーン技術を組み込んだAutoCoinを介して行われる。これによって、データが保護され、同時にトランザクション・コストの削減につながる。

自動車業界に関するすべてのデータに対して、ブロックチェーンを介してアクセスできるとしたら、何が達成できるかを考えてみよう。まず第一に、自動車評価システムをはるかに精度の高いものにするだろう。それが交通や送迎サービスにどんなに良い影響を与えるかは言うまでもないだろ。

不動産業界
現在、不動産購入には膨大な書類作成が必要で、金融仲介業者がさらにそれを面倒なものにしている。したがって、ブロックチェーンを使えば、すべてのデータは保護され、オンラインで暗号化されたプラットフォームに保存できるため、面倒な作業を減らすことができる。

3.銀行業界
人々は、ブロックチェーンと銀行は互いに敵対していると考えがちだが、事実はそうではない。その代わり、銀行部門は、取引に関するデータを安全な方法で記録できるようになって以来、ブロックチェーン技術から利益を得ることができる。

4.音楽ストリーミングサービス業界
さまざまなオンライン音楽ストリーミング・サービスが生まれている。ミュージシャンとしては、レコード会社と利益を折半するよりもむしろ、ブロックチェーンを活用することで、ファンから直接ミュージシャンに支払いがいくようになる。

5.ヘルスケア産業
医療分野におけるデータ侵害は、悲惨な結果に終わる可能性が高い。ブロックチェーンは、データを保存や共有のための安全なプラットフォームを、医療業界に提供する。ブロックチェーン上に保存するすべてのデータは暗号化することで、データ違反の可能性はかなり低くなる。

NGO
非政府組織(NGO)は崇高な同期のために活動する。しかし、悪意のある腐敗した人々がNGOを率いているのであれば、寄付金は簡単に浪費されてしまう。そこで、ブロックチェーン技術を使用することで、NGOは活動の透明性を高め、説明責任をしっかり果たすことができるようになるため、そのシステムにおいて、人々の信頼を増すことができる。

7.法律産業
文書を検証している。重要な公共データへアクセスしている。遺言訴訟をかいけつしている。それらをブロックチェーン技術でとってかわると、すべてを単純化できる。すべての記録がブロックチェーン上で保存されるため、確認も簡単にできると同時に、認証なしではデータの変更はできないので、詐欺行為の減少にもつながる。

8.個人間の貸し/クラウドファンディング
金融機関に頼ることが融資を受ける唯一の方法ではない。潜在的な貸し手と借り手を結ぶ、多くのP2Pプラットフォームが存在している。しかし、信用に欠けているため、そのような投資には高い金利が伴う。将来的には、ブロックチェーンがスマートコントラクトを可能にするだろう。人とプロジェクトは代わりに、投資家に買われる可能性があるトークンを発行することができる。これらのトークンは、プロジェクトのサービスを受けるために使うこともできるし、現金に両替することもできる。そうすることで、低金利で投資を受けるのに役に立つ。

9.クラウドストレージ業界
クラウド・ストレージは、優れた発明品だが、ハッキングやデータの損失に対して脆弱である。この業界がブロックチェーン技術を採用すれば、現在よりもはるかに安全になる。多くの企業がそのことを始めている。たとえば、Storjは、すでにクラウドストレージシステムを保護するために、ブロックチェーンテクノロジを導入している。

10.保険業界
私たちが知っているように、スマートコントラクトは、保険業界に革命を起こす可能性がある。リアルタイムの情報に依存しているどんな保険プランも、ブロックチェーンから利益を受けることができる。これは、リアルタイムのデータを配信するだけではなく、常にデータを安全に保って医いるからである。

結論
あなたがそれを好きであろうとなかろうと、ブロックチェーン技術は、あなたの業界を変革させる可能性がある。だから、バスに乗り遅れないように!

出典「Top 10 Industries That Will Use Blockchain In The Next 5 Years」

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ