エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【エバーシステム株式会社】次世代ブロックチェーンを活用したブロックチェーンゲームの共同開発に関する協業を発表

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

エバーシステムは、ブロックチェーンプラットフォームを開発するIOSTと、IOSTのアプリケーション開発チームのTHESEUSの全面的協力のもと、IOSTネットワーク上で動作するDapps(非中央集権的なアプリケーションの略・ダップスまたはディーアップスと呼ぶ)の開発で合意し、エバーシステムのイーサリアム上のDappsゲーム(ブロックチェーンゲーム)であるCryptoNinjaをIOSTに移植し、2019年上半期のローンチを目指す。

Dappsゲームの魅力と課題
ブロックチェーンを応用したゲームの魅力は、ゲーム内のアイテムをアセット(資産) として、自分がコントロールできることである。ゲームユーザーは、基本的にゲーム会社が用意したアイテムを購入するのだが、そのアイテムを自分が持っているかどうかの証明は事実上できなかった。ブロックチェーンゲームでユーザーが期待するのは、ゲーム内のアイテムが自分の「資産」として管理できることにある。

しかし、現状のアプリケーションは、仮想通貨を購入にはハードルが高かったり、ウォレットのアプリケーションに依存する必要がある。さらに、取引ごとに手数料がかかる、取引スピードが遅いなどの問題点も明らかになっている。

3社で開発する新しいDappsゲームとは?
イーサリアム上で動作しているDappsゲーム「CryptoNinja」も同様に、ユーザビリティの観点でいえば、多くの問題点があった。そこで、次世代ブロックチェーンプラットフォームのIOSTが持つ、「ユーザーがガス代を負担しない」「取引スピードがイーサリアムより速い」などの特徴を活かした、ユーザーが使いやすいアプリケーションの開発を行うのである。

今後の展望
事前登録開始時に、イーサリアムの「CryptoNinja」では、事前登録が1300名を超えるなど、反響が大きかったこともあり、次世代Dappsとしても、登録ユーザー1万人を2019年上半期内に達成したいと計画している。

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ