エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ALIS】「いいね」するだけで暗号資産が貯まるソーシャルメディア「ALIS」のオープンβ版を公開

ALISは、日本初の本格的なブロックチェーンソーシャルメディア「ALIS」のオープンβ版第1弾を公開した。

「良い記事を書いた人」と「それにいち早くいいねした人」に暗号資産ALISが付与される独自の報酬システムの実装はいうまでもなく、これまで暗号資産に興味がなかった方でも、存分に楽しめる内容になっていると、という。

オープンβ版 リリース以前のALIS
「ALIS」は2018年4月23日に「仮想通貨・ブロックチェーン」カテゴリに絞ったクローズドβ版をユーザー事前登録制で提供を開始した。「良い記事を書いた人」と「それにいち早くいいねした人」に暗号資産ALISが付与される独自の報酬システムを、国内でいち早く本格実装したサイトであった。

換金だけではない暗号資産「ALIS」の使われ方

独自の暗号資産「ALIS」は、取引所での取引を通じて他の暗号資産や法定通貨に換金できるが、換金だけにとどまらず、いろいろな使途がある。その一部を紹介する。
1.暗号資産「ALIS」で決済ができるオンラインショップ「ALISTORE」の誕生。
2,「ALIS」上で行うことのできる「投げ銭」機能を使って、ユーザーが他のユーザーに対してイラスト作成や新機能開発を依頼。
3.コンテスト企画者やラジオパーソナリティが投げ銭を活用した企画を実施。
4.リアルなイベントの広報活動として活用。
5.飲食店が「ALIS」決済を導入。

「ALIS」に参加したユーザー同士の需要と供給が一致することで生まれた「ALIS独自の経済圏」は、クローズドβ版期間中に約2万件の記事の投稿がなされた。そして、約46万件の「いいね」がついた。このようなサービスが急速に成長する過程は、暗号資産を基盤とした新時代の幕開けといってもいいだろう。

オープンβ版第1弾リリースの内容

「ALIS」のオープンβ版は、独自の報酬システムを受け継ぎながら、「仮想通貨・ブロックチェーン」に限定されていたカテゴリ制限を撤廃し、自由なテーマで記事が投稿できるようになり、無料で誰でも登録が可能になった。制限の撤廃で、「暗号資産との接点がなかった層」の流入増加を想定し、デザインも大幅にリニューアルした。

ソーシャルメディア「ALIS」の概要は以下の通りである。
1.「いいね」するだけで暗号資産「ALIS」がもらえる

2.「ALIS」投げ銭で個人やプロジェクトを応援!

3.記事を書いてすぐにフィードバックがもらえる!

サービスの利用方法
スマートフォンまたはPCにて、公式サイト(https://alis.to )から登録できる。暗号資産や専用ウォレットを持っていなくても、無料でサイトを利用できる。

登録は1分で完了!

以上が第1弾のリリース内容だが、ALISではいろいろな機能拡充に今後も取り組んでいく。詳細は、オープンβ版「12の新機能」発表時の記事を参照。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する