エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社CTIA】R3 Cordaを使用した国際金融取引システムの開発に着手

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

ブロックチェーン・ソリューションを使用したサービスを提供する組織へのコンサルティングやマーケティングのサポートを手がける、シンガポールに本社を構えるCTIAは、R3 LLCと開発パートナー契約を結び、Corda(コルダ)製品によるソリューション開発をう。

2019年1月、R3からリリースされたCorda Settler、Corda Network、Corda Tokenを活用することで、金融や貿易により特化したシステムの開発ができるようになった。最新のCordaを活かして、貿易会社向けの取引証明書発行システムや貸付証明書などの商業取引向けのサービスを提供していく予定である。このサービスは、CTIAの本社があるシンガポールや支社のあるスイスとも連携し、国際取引を意識した仕様となる。2019年は50社の導入が目標である。

R3は、ブロックチェーンプラットフォームのCordaや、商用版Corda Enterprise(コルダ・エンタープライズ)を手がけ、同社が主導する企業コンソーシアムには、約300の企業・団体が参加している。現在、貿易金融や保険などの金融分野やサプライチェーンで、Cordaを活用したプロジェクトを推進しており、外部連携としてRippleの提供するXRPや金融機関で広く使用されているSWIFTへ接続できるようになっている。

Cordaは、スマートコントラクトをベースとした技術を用いて、分散型台帳の特性を使用して送金や、その他データ送信などを行うプラットフォーム。世界の全業界でプライベート型のブロックチェーンを適用した商取引ができるよう、ある特定の取引者の間でだけデータが共有されるモデルで技術設計されている。

SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)とは?
SWIFT(スイフト)は、加盟者が所有するグローバルな協同組合で、高度に安全化された金融メッセージングサービスを提供する金融業界の標準化団体。SWIFTは銀行間の国際金融取引に関する事務処理の機械化、合理化、自動処理化を推進するため、参加銀行間の国際金融取引に係るメッセージを、コンピュータと通信回線を利用して伝送するネットワークシステムを提供している。

CTIA(Crypto Token Investment Advisory)とは?
ブロックチェーン関連事業における総合的なコンサルティングを提供するブロックチェーンビジネスアドバイザー。「すべての人々へフェアな投資を。」を理念に、ICO(Initial Coin Offering)の進化モデルとなるコンプライアンスが徹底された資金調達モデル「TGE(Token Generating Event)」を推進し、ブロックチェーンプロジェクトのデューデリジェンスからローカライズまであらゆるプロセスのアドバイザリーサービスを提供中である。

3 LLCとは?
R3は、従来のブロックチェーンの概念を見直して立ち上げられた独自のオープンソースブロックチェーンプラットフォーム「Corda」を開発し、あらゆるビジネスへのブロックチェーン導入を促すブロックチェーンソフトウェア企業である。「Corda」は、スマートコントラクトをベースとした技術を用いて、世界の全業界でブロックチェーンを適用した商取引ができるよう、分散型台帳の特性を使用して送金やその他データ送信などを行うプラットフォームである。

Cordaを活用すれば、あらゆる事業分野の企業が独自のニーズに合ったデジタルアセットを活用できるようになる。2018年にはビジネス(商用)版の『Corda Enterprise』が開発され、カナダではすでに金融や健康管理、また運送や保険など、さまざまな業界のサービスで導入している。あらゆるグローバル決済システムに対応する決済アプリケーション「Corda Settler」の開発を推進するなど、R3 LLCは「Corda」で世界に摩擦のないデジタルアセットエコシステムの完成を目指している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ