エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Bank Invoice株式会社】請求書にブロックチェーン技術を活用

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

Bank Invoiceは、双方向請求書データ電子取引システム「Bank Invoice」のバージョンアップを行い、 2月12日(火)から、ブロックチェーン技術の活用を開始した。

「Bank Invoice」は、インストールする必要がなく、誰もが無料で使える双方向請求書データ電子取引システムのことである。

作成フォームを埋めるだけで、請求書の電子データを作成することが可能で、メールで送受信できる。電子帳簿保存法に対応し、紙やPDFファイルで管理する必要がなく、ペーパーレス化を促進することにつながる。

事務部門のIT化も進むことになる。請求書のデータごとに送受信時間や送り手と受け手双方の操作履歴も記録されるので、請求書の内容をすばやく確認できるので、証明力も高くなる。

今回、バージョンアップを行ったことで、「Bank Invoice」で送受信した請求書等、企業間で交換される文書に関して、文書上の取引情報が、ブロックチェーン上に記録され、当事者同士の合意のもとに請求書等が作成されていることが証明されることになる。

ブロックチェーン上に蓄積された取引情報は、取引先やサプライチェーンの利害関係者によって、どこからでも共有し、追跡できるので、取引の透明性が高まることになる。

ブロックチェーン上のブロックに保存された取引情報の裏付けとして、請求書等の紙のやりとりをなくせるし、紙やFAX、PDFを利用せずとも、業務全体のデジタル化を推進できる。ビジネスプロセスの改善につながり、オペレーションコストも削減できる。

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ