エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【カウラ株式会社】ソフトウェア開発キット「FUSION Blockchain SDK Reference Implementation 1.0」の提供を開始

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

分散レジャー技術のカウラは、「KAULA FUSION Blockchain SDK Reference Implementation1.0」の提供を開始した。

「FUSION Blockchain SDK Reference Implementation」は、Ethereumのスマートコントラクトと分散アプリケーションdAppsのソースコード と付属書類から構成されるソフトウェア開発キットである。

カウラは、ブロックチェーン・アプリケーションのデザインや実装経験を経て、ブロックチェーン・アプリケーションの構成方法や参照実装を「FUSION Blockchain SDK Reference Implementation」として提供する。これは、ブロックチェーン・アプリケーションをデザインするための数々の知見を含んでいる。

「KAULA FUSION Blockchain SDK Reference Implementation1.0」には、カウラが BRVPS(EVバッテリー残存価値予測システム)と名付ける EVバッテリー関係のアプリケーション、バッテリーの充電支払いやバッテリーの二次取引アプリ ケーションも含んでいる。

「KAULA FUSION Blockchain SDK Reference Implementation1.0」を使用すると、ブロックチェーン・アプリケーションをスクラッチから開発しなくてもよく、「KAULA FUSION Blockchain SDK Reference Implementation」の参照実装を参考にしながら、アプリケーションに特有な部分のみを変更するか、追加することで、迅速にアプリケーションの開発ができるようになる。

「KAULA FUSION Blockchain SDK Reference Implementation1.0」は、アプリケーションに共通なコア部分と、アプリケーションに依存する部分に分かれているので、BRVPS以外のアプリケーションにも活用できる。

カウラは今後、他の業務分野(たとえば、電力・エネルギー分野、健康・医療分野、MaaSなど)のデザインパターンに対応するために、Reference Implementationを拡張することにしている。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する