エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社ZWEISPACE JAPAN】地震データの改ざんを防ぐ、ブロックチェーンを活用した、画期的なシステムを開発

不動産テック のZWEISPACE JAPAN は、耐震強度測定アプリ「ナマズ 」の次世代版の測定実施拠点として、建設会社とパートナー提携を推進しているが、今回、地震データの改ざんをブロックチェーンで防ぎながら、AIを使って地盤調査を含めた地震の被害シミュレーションができるシステムの特許を取得し、さらに、商用サービスの開発に着手した。今後は、各地の大小の建設会社、開発パートナーと共に導入と、システムの継続的改良を進めていく。

ZWEISPACE JAPANの特許は、IoTセンサーでより詳細な地震データを、国のシステムよりもかなりの低コストで取得し、AI技術を使ってさらに高速で精緻な予想を行い、ブロックチェーンを活用して改ざん防止を行うという技術である。

それは、ZWEISPACE JAPANが数年前に早期出願して取得したブロックチェーン関連の特許の一つでもある。不動産業界のブロックチェーンの特許を取得して事業を展開しているZWEISPACE JAPANが、重要な課題である地震に関する最先端のソリューションを提示することになったのだ。

先週末の、地震計測データの改ざんという報道を受けて、急いで改ざん防止の機能を備えたシステムの特許取得と、そのシステムの開発を早急に発表することになったが、特許の内容やシステムの詳細は、後日、発表する。

ZWEISPACE JAPANとは?
ZWEISPACE JAPANは、人間の約3万倍の高速でプランが入る、ロボット建築士、鑑定士「オートカルク」や、耐震強度測定アプリ「NAMAZU」を発表した。さらに、金融業界を中心に、最先端技術の一つであるブロックチェーンを活用した不動産売買管理システム(特許取得済)の提供を始めるなど、いまもっとも注目を集めている企業である。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する