エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Blockchain Technologies】ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 「Blockchain Code Camp」が「Solidityコース」を開始

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

Blockchain Code Campは、「ERC20,721トークン(オリジナルトークン)の発行」や「ERC20,721(オリジナルトークン)対応のEthereum Wallet開発」「DApps開発」などを学ぶことができる「Solidityコース」をリリースした。

Blockchain Code Campは、ソフトウェア開発初心者を対象に、HTML、CSS、JavaScriptに加え、Solidityを学んでもらうためのカリキュラムを提供してきた。カリキュラムのリリース直後からお問い合わせが殺到し、受講申し込みが相次いだ。

その手続きの過程で、もっとも多かったのが、「Solidity以降のカリキュラムのみを受講したい」という意見だった。そこで今回、Solidityのみを集中的に学べる「Solidityコース」のリリースにつながった。

このコースは、アプリケーション開発の基礎をある程度の理解できている方が対象で、Solidityを集中的に学ぶためのカリキュラムである。具体的に学ぶ内容は、ERC20,721トークンの発行をはじめ、発行したトークンの管理が可能なERC20,721対応のEthereum Wallet開発、DApps開発などを、現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けながら、学ぶことができるのだ。

「Solidityコース」で学んでいく過程で、Remix、Geth、MetaMask、OpenZeppelin、Truffle、GanacheなどのEthereum開発に必須のツール群の扱い方も学べるようになっている。

「Blockchain Code Camp」とは?
コンセプトは、「Anyone can create DApps」で、ブロックチェーンを用いたアプリケーションを用いたサービスを創り出す人材輩出を目的にした、「ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 」である。

プログラミング未経験者でも、ブロックチェーンを活用したアプリケーション を開発できるようになる。現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けながら、勉強できるのが特徴の一つである。

法人の研修にも活用できる。ニーズに合わせたカスタマイズなども考慮している。

問い合わせなどはこちらから。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する