エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【Coindesk】米コロラド州選出の議員は農業分野でのブロックチェーンユースを求めている

コロラド州選出の4名の下院・上院議員は、超党派の共同で法案1247を議会に提出した。その法案では、農務省のコミッショナーに対して、農業運営においてブロックチェーン技術の可能性を調査・研究するためのアドバイザリーグループの招集を求めている。

いくつかのブロックチェーン技術のユースケースは、農場から店頭へといった農産部部のトレーサビリティや店内・在庫の商品管理、そして、天候や土の質などの土地の状態のモニタリングなどを含めて、議員によって確認されている。

製品と輸送機器の記録の保管や、有機生産物の認証とデータの検証、そして、趣旨や肥料のような資源の注文はまた、すべてブロックチェーン技術を使って、アドバイザリーぐるーぷによって研究される可能性のある分野の一つである。

提案したように、アドバイザリーグループは結局のところ、2020年の1月15日までに、調査した内容とあらゆる法案の勧告を議会に報告することになるだろう。

ブロックチェーン技術による農業経営の改善の見通しは、世界中で広く関心を集め始めている。

なかでもサプライチェーンの分野ではとくに関心が高い。コーヒーや肉、牛乳、魚などのような製品のどのように生産拠点から市場へたどりつくのかを調べるためのいくつかのプロジェクトが始まっている。

2019年2月、フランスの大統領であるEmmanuel Macron氏は、農業の活性化のためにEU全体でブロックチェーン技術のようなデータの利用を増やすよう、執拗に呼びかけた。そして、ポーランドの肉スキャンダルを受けて、食品のトレーサビリティに関する懸念を強調した。

Emmanuel Macron氏
写真出典

そして、2018年10月を振り返れば、4つの巨大な 農業法人――Archer Daniels Midland Company, Bunge, Cargill, and Louis Dreyfus ――はまた、国際的な穀物の取引をデジタル時代にふさわしいものにするために、ブロックチェーン技術に注目している。

出典「Colorado Lawmakers Seek Exploration of Blockchain Use in Agriculture」

著:Yogita Khatri

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する