エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【IFA株式会社】ユーザー主体の次世代型銀行の実現へIFAとObyteが業務提携

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

IFA は、ブロックチェーンなどの分散型台帳技術を利用した次世代型銀行実現のために、Obyte  (旧Byteball)とMoU(了解覚書)を締結した。IFAは、Obyte(旧Byteball)のDAG技術を用いて、特定の機関に頼らない透明性の高い取引・データ管理を実現し、ユーザー主体の利便性が高い次世代型銀行の展開を目指す。

新技術を用いたユーザー主体の銀行創出へ
ブロックチェーン技術を活用したプロダクトやサービスの提供を行うIFAは、Obyteと業務提携し、2019年3月20日(水)にMoUを締結した。Obyteの技術を活用し、分散型台帳技術を利用した次世代型銀行「AIre BRIDGE」(アイレ ブリッジ)は、各ユーザーが各個人のデータに対する主権を持つことを目指すものだ。

次世代型銀行「AIre BRIDGE」は、サービス事業者やシステム管理者ですらデータの改ざん・変更ができない分散型台帳技術を用い、一括管理型の帳簿システムからの脱却する新しい銀行である。データ管理を他者に預け、特定の機関に依存する集中型システムに頼らず、すべての人が主導権を持てる分散型システムの実現を目指すのだ。

分散型台帳技術は、ネットワークを通じて同じ機能を複数用意するので、すべてのユーザーが平等に情報を活用し、保管できる自律分散型の社会を創出するはずである。不正を防ぎ、透明性や安全性の高い取引ができるようになる。

Obyteの開発するDAG(有向非循環グラフ)技術は、取引をチェーンに直接ポストできる仕組みがある。二重支出を防止し、取引をスピードアップし、手数料を削減できるので、ブロックチェーン技術よりも取引を効率化できるのがいいのだ。

日本が東アジア初のサーバー拠点に
IFAとObyteの業務提携で、Obyteは東アジアのサーバー拠点・ウィットネスを日本に置いた。IFAとObyteは、パートナーを組み、自国内でのアライアンスをサポートする(現在パートナー契約協議を進行中)。

サーバー拠点のウィットネスは、複数の処理を1つにまとめたトランザクション(取引)の承認を行うノード(ネットワークの接点となる機器)として、Obyteのネットワークを維持する。

ノードは12個以上存在し、Obyteのユーザーは、信用できるノードを12個選択し、それらのノードを使って、トランザクションを実行する。選択されたウィットネスには、トランザクション実行の対価として手数料を支払う。マシンやサーバーのスペックで報酬を得るマイニングと比較すると、ウィットネスはユーザーからの支持や信頼が求められる存在だといってよい。

業界最大級のコミュニティ・知名度を誇るObyteの価値
Obyteのブロックチェーンで構成される匿名性のメッセージアプリ「テレグラム」などのSNSは、約40万人が情報を共有。

IFAは巨大なユーザーコミュニティと高い知名度を持つObyteと提携することで、高い安全性のある分散型のプラットフォームを創出することになる。Obyteの持つ技術レベルは高く、情報量に見合った対価をユーザーに支払う仕組みを持ったデータベースも構築できる。ユーザーが持つデータの価値をユーザー本人(個人)に還元し、情報を資源として扱う真の情報社会の実現を目指すのだ。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する