エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【イベント】BINARYSTARがブロックチェーン月例セミナーとブロックチェーンビジネスハッカソンを開催(3月27日、30日、31日)

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

ブロックチェーンビジネスハブであるBINARYSTARは、2019年3月27日(水)に第2回月例セミナーを、 3月30日(土)、31日(日)の2日間でブロックチェーンビジネスハッカソンを開催する。

BINARYSTARの月例セミナーとは?
2019年2月に開催された第1回月例セミナー「世界のブロックチェーン導入事情と日本企業への意味合い」では、ブロックチェーンを導入するメリットはなにか、ボトルネックとなる課題はどう解決するかなどについて、登壇者と来場者の双方が議論し、懇親会でも同様の関心や悩みを持つ方々の交流が行われた。

第2回月例セミナーは、「今年、ブロックチェーンが業務をどこまで変えるのか」と題し、基調講演とパネルディスカッションを行う。ブロックチェーンがあと数年で普及し、企業を経営するインフラになることは確定的だが、では実際に何が変わるのかを示すものはまりない。

今回のセミナーは、既存の情報システムやサブシステムをリストアップし、それらがブロックチェーンを導入することでどのように変化をするのか、シミュレーションを行う。

第2回月例セミナーの申込みはこちらから。

BINARYSTARのブロックチェーンビジネスハッカソンとは?
「ブロックチェーンをビジネスに昇華するための具体的なステップ」を具体的に企画立案するビジネスハッカソンを2日間に渡って開催する。

このビジネスハッカソンの講師の中心になるのは、数多くのベンチャー企業を支援し、国内外で多数のビジネスプランコンテストやハッカソンを主催してきた、元マッキンゼーの赤羽雄二氏が務め、ゼロからブロックチェーンビジネスの事業計画第1版をつくる工程を全力でサポートする。

2日間で、ブロックチェーンを活用した新事業のアイデア出しから、進め方のイメージを整理できるように設計しているのが特徴である。

ブロックチェーンビジネスハッカソンの申込みはこちらから。

第2回月例セミナー登壇者
赤羽雄二氏(BINARYSTARアドバイザー・インキュベーションマネージャー)
手塚満氏(CTIA CEO)
平山毅氏(日本IBM部長、コンサルティング・アーキテクト)

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する