エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社Xtheta】ブロックチェーン特化型コワーキングスペース「Singularity HIVE」とテクノロジーコミュニティ「tech boost」がブロックチェーン技術者の養成事業を開始

仮想通貨交換業登録業者のXtheta【近畿財務局長第00003号】 は、大阪市心斎橋で運営するブロックチェーン特化型のコワーキングスペース「Singularity HIVE」(シンギュラリティーハイブ)と、Branding Engineer が運営するテクノロジーコミュニティ「tech boost」と業務提携し、関西地域でブロックチェーン技術者の養成事業を開始することになった。

提携の経緯
ブロックチェーン技術は、2008年にサトシナカモトが論文を発表して以降、仮想通貨を代表例として社会にインパクトをもたらしている。ブロックチェーン技術の可能性は仮想通貨だけではなく、LINEやAmazon、Facebookなどの大手IT企業が採用を始めている。

だが、日本ではブロックチェーン技術自体の内容や可能性が一般社会に浸透しておらず、ブロックチェーン技術者が圧倒的に不足している。

そこで、ブロックチェーン技術の普及拡大を目的に、関西地域でブロックチェーンに特化したコワーキングスペースの運営を行う「Singularity HIVE」と、プログラミング教育事業を行う「tech boost」が連携し、ブロックチェーン技術者の育成創出や学習機会の拡大に注力することになった。

ブロックチェーン技術者の養成
提携の第一弾は、「Singularity HIVE」で、「tech boost」のブロックチェーンエキスパート編の講義をライブ配信することである。関西在住者で「tech boost」のブロックチェーン/エキスパートコースの受講者だと、誰でも利用できる。

講義の受講期間中は、受講特典がある。それは、「Singularity HIVE」が利用できることだ。「Singularity HIVE」は、ブロックチェーン関連の専門書や、Wi-Fiや電源などのインフラ環境、各種ミートアップイベントやミーティングなどで使用できるプロジェクターやホワイトボード、ウォーターサーバーなどのライフケア設備が完備し、教育イベント、ブロックチェーン業界の方々とのミートアップイベントも開催している。今後、両社によりブロックチェーン技術者向けの取り組みを行っていく。

ブロックチェーン/エキスパートコースの詳細はこちらから。

「Singularity-HIVEの概要
利用料金:月額会員料金:(一般)7800円、(学生)6200円、入会金:1万円、ビジター料金(ドロップイン利用):1時間500円 ※金額は全て税別
営業時間:10:00~21:00
住所:大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル 2F

「tech boost」の概要
2017年11月、「shock the world」をコンセプトに掲げ、テクノロジーで世界を震撼させる人財輩出を目的にスタートしたプログラミング教育事業。ブロックチェーンコースをはじめ、AI、IoTなどの先端技術、Web開発の技術取得をサポートする学習コンテンツを提供している。現役エンジニアによるマンツーマンのメンタリングなどサポートも特徴の一つである。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する