エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【ウェルスナビ株式会社】「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の最低投資金額を引き下げ

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

ロボアドバイザーの「WealthNavi」を提供するウェルスナビ【関東財務局長(金商)第2884号】は、2018年11月14日(水)から、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の最低投資金額を10万円に引き下げた。

「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うロボアドバイザー「WealthNavi」は、高度な知識や手間が不要なのに、国際分散投資ができるサービスである。機能性や透明性、低水準で、手数料もシンプルな設計で、2016年7月に正式にリリースして、2018年11月7日(水)時点で、預かり資産1100億円を突破した。申込件数は15万口座を越えており、働く世代からの支持を多く受けている。

「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」は、住信SBIネット銀行【関東財務局長(登金)第636号】と、ウェルスナビが提携し、最低投資金額30万円で、2017年2月28日にサービスを始めた。

ユーザーの利便性を高めようと、APIを活用。サービス開始から約1年1カ月となる2018年4月2日時点では、申込件数1万口座、預かり資産100億円を記録した。

2018年5月からは、「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」の最低投資金額を10万円に引き下げるキャンペーンを行ったら、大変好評。そのため、2018年11月14日(水)から、正式に10万円から「WealthNavi for 住信SBIネット銀行」を利用できるようにした。

ウェルスナビは、従業員の約半数がエンジニアやデザイナーなどのクリエイターで、「ものづくりする金融機関」であり、誰もが利用しやすい、フィデューシャリー・デューティを徹底したサービスづくりを心がけているのが、特徴である。

ロボアドバイザー「WealthNavi」の主な特長
1.すべておまかせの資産運用
2.中長期的に安定的に資産を形成していきたい働く世代へのサービス
3.高い機能で効果的・効率的な資産運用をサポート
4.明瞭な手数料、資産運用アルゴリズムもホワイトペーパーで公開

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する