エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【SBI FinTech Solutions株式会社】City Express Groupと合弁会社を設立し、国際送金事業のグローバル展開拡大を目指す

SBI FinTech Solutionsは、2018年11月22日(木)づで、ネパールの大手総合金融グループ、City Express Groupと国際送金事業についてグローバル展開の拡大を目的に、合弁会社を設立することになった。

合弁会社設立の背景と目的
グローバル化の進展による移民労働者の増加を背景に、国際送金市場は成長を続けており、その市場規模はというと、2017年は6130億ドル(前年比7%増)と過去最高を記録した。なかでも、アジアからアラブ諸国等への移民労働者数は、1990年に比べると約3倍の伸びを示しており、アラブ諸国全体の労働者の35.6%が移民労働者という実態がある。

このような労働環境状勢のなかで、SBI FinTech SolutionsとCity Express Groupは、アラブ諸国の巨大労働市場への進出をきっかけに、グローバル化を進展させ、事業規模のより拡大を目指すという戦略で歩調があい、お互いの強み活かすべく、共同出資によって合弁会社設立の運びとなった。その取り組みの第一弾が、アラブ諸国での送金サービスの提供である。

SBI FinTech Solutionsの傘下には、創業以来の国際送金累計額が5000億円を超える日本最大級の送金事業者であるSBIレミットがある。

一方、City Express Groupの中核企業であるCity Express Money Transfer Pvt. Ltd.は、UAEなどの国々からネパール向けに、国際送金サービスを提供している。日本では2012年からCITY EXPRESS MONEY TRANSFER JAPANが、ネパール向け送金サービスを提供している。

SBIレミットが抱えるアジア各地の大手金融機関や資金移動業者とのネットワーク、City Express Groupが持つアラブ諸国の送金市場に対する知見や現地金融機関との強固なパートナーシップ、さらに、それぞれの事業分野でのノウハウや情報、技術等を融合することによって、合弁会社の収益の拡大化や企業価値の最大化を目指す。

合弁会社の概要
名称:FinTech City設立準備株式会社

所在地:東京都港区六本木一丁目6番1号
代表者:安藤伸生氏(代表取締役)
事業内容:国際送金事業
資本金:1億円
設立年月日:2018年11月22日
出資比率:SBI FinTech Solutionsが51%
     CITY EXPRESS MONEY TRANSFER JAPANが49%

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する