エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社bookee】ファイナンシャルアカデミー監修の『投資適性診断』カリキュラムの提供を開始。

bookeeは、ファイナンシャルアカデミー監修の『投資適性診断』カリキュラムの提供を開始した。

bookeeとは?
 お金のパーソナルトレーニングbookeeは、「3ヶ月でわたしはお金に強くなる」をコンセプトに、専属のパーソナルコンサルタントが資産管理や資産運用、金融学習をマンツーマンでサポート。一人ひとりに徹底的に寄り添ったサービスを提供している。

申込者数が前月比200%成長
 bookee は、2018年6月6日にサービスを提供して以来、2018年11月時点での申込者数が前月比200%を達成。初回の無料体験では、家計管理、資産運用(iDeCoNISA)の入門を60分で実施し、受講者の97%が満足したというアンケート回答を得ている。

ユーザーの9割はミレニアル世代の女性
 ユーザーの9割がミレニアル世代の女性で、「投資を始めたいけど、どうすればよいかわからない」「投資をしたいけど、リスクが怖い」「将来のお金に不安がある」という悩みを抱えている。

資産形成への意識の高まり
 国民年金基金連合会が、2018年9月28日に発表した個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の業務状況を見ると、加入者総数は100万人を突破し、資産形成に対する国民の意識が高まってきている。なかでも、20~40代のミレニアル世代の加入が増えてきており、bookeeのユーザー層と一致し、投資意欲が盛り上がってきているようである。

そこで、そうした機運をとらえて、ファイナンシャルアカデミー監修の『投資適正診断』カリキュラムの提供を開始することになった。

ファイナンシャルアカデミーは、受講者数が16年間で延べ48万人を超えるほどの人気で、2002年に開校して以来、東洋大学国際学部教授で慶応義塾大学名誉教授を務める竹中平蔵氏をはじめ、金融業界や教育業界の有識者をアドバイザリーボードメンバーに迎えて、カリキュラム構築に取り組んでいる。

『投資適性診断』は、「投資を始めたいけれど、自分に合った投資が分からない」というユーザーに対応した、独自のカリキュラムである。どんな金融商品に向いているかを個人の性格や思考タイプから見て、向いている投資を、1.株式、2.投資信託、3.FX、4.不動産、5.債券、6.仮想通貨のなかから診断するというものである。

さらに、各金融商品にタイする投資の特徴やメリット・デメリットも網羅されており、投資初心者の女性に人気となっている。

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する