エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社エンビーコア】WindowsOSから乖離した独自のファイルシステム~ランサムウェアや第三者に検知できない秘密保存領域が作成できるセキュリティソフトの販売開始

エンビーコアシステムアプローチの両社は、セキュリティソフトの開発、販売に関する包括的な協業締結を行い、セキュリティソフトのダウンロードサービスを開始する。USBメモリーとUSB接続HDD機器に新しいコンセプトを提供するダウンロードサービスの2種類を、2018年12月14日(金)に発売する。

新しいコンセプトは、USBメモリーやHDDに、ウイルスや悪意のある第三者には一切検知できない秘密のデータ保存領域を作成するものだ。USBメモリーに対応した「SecureDriveダウンロードサービス」、USB接続HDDに対応した「秘密金庫Driveダウンロードサービス」の2種類のダウンロードサービスを提供する。

社会がますますグローバル化し、なかでもサイバー攻撃は今後も増えることが予想される。ランサムウェアウイルスが代表的だが、脅迫型ウイルスが跋扈し、ネットワーク社会を不安に陥れている。

そうした社会情勢のなかで、社会保険制度にはマイナンバーの訴求が図られ、今後、金融機関や税金などにもマイナンバーが求められれるようになるだろう。それと同時に、ネットが今まで以上に普及することは確かで、個人のパスワードやプライベートデータをウイルスや悪意のある第三者から、自分が身を挺して守らなければならない時代を迎えている。

「SecureDriveダウンロードサービス」は、USBメモリーの利便性を損なわずに、USBメモリー内に秘密のフォルダーを作成できる。作成した秘密フォルダーは、WindowsOS上からも見えない秘密フォルダー領域になり、ウイルスや悪意ある第三者の検知を免れる、プライベートの秘密なデータ保存フォルダーとして使用できる。さらに、制限時間になれば、フォルダーに保存されたデータを自動的に消去できる。

一方、「秘密金庫Driveダウンロードサービス」は、USB接続外付けHDDを対象にしたダウンロードサービスを提供するものである。

「秘密金庫Driveダウンロードサービス」は、秘密金庫ドライブチェッカーの自動判別機能によって、USB接続外付けHDD内に作成できるかどうか自動判断を行う。作成できるUSB接続外付けHDDに対してのみ、秘密金庫保存容量を6種類(20GB,40GB,100GB,200GB,400GB,全領域)の中から選択し、秘密金庫保存領域として作成できる。

作成した秘密金庫保存領域は、WindowsOSからは認識されない領域となり、ウイルスからも認識されない異次元の領域となる。保存方法としては、付随の秘密金庫アプリから保存できる。ウイルスや悪意のある第三者からもまったく認識されない、プライベートデータ金庫を保有できることになる。

「秘密金庫Driveダウンロードサービス」と、「SecureDriveダウンロードサービス」は、身近にあるUSBメモリーや、外付けHDDを使い、自分自身のプライベートデータ金庫を作成できるサービスである。

世界初!WindowsOSから乖離した独自のファイルシステム
秘密金庫Driveは、WindowsOSとは別のファイルシステム構造である。このファイルシステムは、秘密金庫独自の構造だから、WindowsOSからは認識できない。そのために、WindowsOSに伴うウイルスファイルからも認識されず、ウイルスファイルによるデータ改ざんやランサムウェアからの攻撃を防御する。

また、PCの固有情報を取り込むことで、PCと外付けHDDの関係を「1対1の紐付け関係」にすることで、他のPCでは、作成された秘密金庫Drive領域は認識されない。秘密金庫Driveは、ドライブ内に保存するファイルには、すべてAES256bitの暗号化も施すのだ。

秘密金庫Driveの使用にあたり、秘密金庫Driveダウンロードサービスは、USB接続外付けHDD専用サービスで、秘密金庫Drive領域が作成可能な対応OSはWindowsOS/7/8/10となる。秘密金庫Drive領域は、作成したPCのみ使用できて、他のPCでは認識しない。秘密金庫Drive領域へのアクセスは専用アプリを使用する。秘密金庫Drive領域以外は、通常のHDDとして利用できる。

秘密金庫Driveダウンロードサービスはこちらから。

SecureDriveダウンロードサービス
身近にあるUSBメモリーに、自分しかわからない秘密フォルダーが作成できる。作成する秘密フォルダーは、1週間/1カ月/3カ月/6カ月/1年/3年/制限なし、の7タイプの保管期間を選択できる。

SecureDriveの使用にあたっては、SecureDriveダウンロードサービスは、USBメモリー専用サービスで、SecureDrive作成可能な対応OSはWindows7/8/10である。SecureDrive秘密フォルダー容量は、USBメモリー容量全体まで作成できるし、SecureDrive秘密フォルダー以外は、通常のメモリとして利用できる。

SecureDriveダウンロードサービスはこちらから。

価格/発売日
秘密金庫Driveダウンロードサービス:定価=6980(税込み)

SecureDriveダウンロードサービス:定価=オープン
発売日:2018年12月14日(金)

 

 

 

 

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する