エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【マネーツリー株式会社】マネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」が清水銀行のアプリに採用

マネーツリーの金融インフラプラットフォーム「MT LINK」が、清水銀行【東海財務局長(登金)第6号】の「清水銀行アプリ」で採用されることになった。

清水銀行の「清水銀行アプリ」は、口座開設やインターネットバンキングの利用、各種ローン情報、店舗検索などの手続きができるサービスだ。マネーツリーが提供する「MT LINK」を用いた「一生通帳 by Moneytree」機能を追加することで、清水銀行の口座は言うまでもなく、他行やクレジットカード、電子マネー、ポイント・マイル、証券口座も含めた金融資産の一元管理ができるようになった。

これによって、清水銀行のインターネットバンキングの口座所有者に限らず、さまざまな方からの利用促進が期待できる。

この提携が行われたことで、「MT LINK」の公式連携社数はで44社となった。44社のなかで、銀行での採用は17行だ。「MT LINK」は、既存のアプリへ導入し、ユーザーの要求にそった機能の追加ができるのだ。さらに、高いセキュリティをもち、金融機関を中心にプラットフォームサービスとして採用が広がってる。

清水銀行アプリとは?
スマートフォンを通して、口座開設やインターネットバンキングの利用、各種ローン情報、店舗検索など、さまざまな手続きが手軽に利用できるサービスのことである。

マネーツリーとは?
2012年に日本で起業し、2013年からは自動で一括管理ができる個人資産管理サービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。2015年からは、金融インフラサービス「MT LINK」を企業向けに開始し、業界標準の金融系APIを提供している。 2017年から、オーストラリア市場でサービスを開始。設立初期から米国セールスフォース・ドットコム、 SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地方銀行系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受ける。お金にまつわる、もっとも信頼されるプラットフォームの構築を目指している。

「MT LINK」とは?
「MT LINK、国内2700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供している。マネーツリーのコアバリューは、サービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。 MT LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融インフラプラットフォームとして認知され、現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、 TKC、地方銀行、信用金庫など合計44社に提供している。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する