エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

ACDが海外向け商品事前登録型受発注システム「EKKYO.NET」の特許を台湾で取得

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

ACDは、日本ではすでに特許を取得している「EKKYO.NET」 (越境EC等で販売される商品を事前に登録し、スムーズな通関を補完するASPサービス)の国際特許出願を進めてきたが、日本に次いで、中華民国(台湾)でも、特許権取得が公式に認められることになった。

「EKKYO.NET」は、特許取得対象国のメーカーやサプライヤーが海外向け越境ECを行うときに、自国から海外の税関や検疫局へ登録できるようになり、越境EC商流のすべてが自国で完結できるようになる。

現在、ACDは、中国や香港、インドネシア、シンガポール、タイなど14カ国で国際特許出願が完了し、各国では特許査定審査中である。

ACDは、その他の国々への出願も準備しており、順次、出願を行っていく方針である。

 

この記事に関連するキーワード

関連する記事

ara

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ