エムトレ仮想通貨・株式・FX・オプションの最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ

【株式会社マネーフォワード】データを利活用でお金に対する不安や課題を解決する「Money Forward Lab」を設立

【注目】ビッグデータ×AIで急騰銘柄を予想、投資助言業者の公式サービス「ara」

マネーフォワードは、 2019年3月1日付けで、「Money Forward Lab」を設立した。

「Money Forward Lab」所長は、日本電信電話(NTT)での研究開発実績をもち、Yahoo! JAPAN研究所の立ち上げを牽引した北岸郁雄氏が就任した。同ラボの技術顧問は、国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター 言語情報アクセス技術チームでチームリーダーを務め、ニューヨーク大学研究准教授でもある関根聡博士が就任した。

設立の趣旨
マネーフォワードは、創業以来、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」をミッションに、すべての人のお金の課題を解決するために、データの見える化を通じて、幅広いサービスを提供してきている。

ところが、データをテクノロジーの力をさらに利活用すれば、すべてのユーザーへ、より良い価値を提供できると考え、「Money Forward Lab」を設立することにした。

このラボのミッションは、「お金のメカニズムを解き明かすことで、人生に笑顔と驚きを。」である。テクノロジーとデータを駆使し、家計や資産、会計の少し先の未来を可視化することで、ユーザーが抱えているお金の不安や課題の解決に取り組んでいく。

研究内容と今後の体制
「Money Forward Lab」は、事業インパクト、データ優位性ともに高い領域を最優先事項としながら、新規軸の領域にも積極的にチャレンジしていく。具体的には、下記の研究テーマと技術領域に取り組んでいく。

今後は、採用へ注力しながら、技術力の補完や吸収、技術領域の探索を目的とした共同・委託研究を積極的に推進していく予定である。

北岸郁雄氏(「Money Forward Lab」 所長)のプロフィール

1998年日本電信電話に入社。ロボット教示方式等の研究開発業務に従事。 2004年ヤフーに入社。技術競争力の基盤作りとして研究所の設立を構想し、 2007年にYahoo! JAPAN研究所を設立。以来、研究開発マネジメント、新規事業領域の開拓、関連会社の取締役等の業務を執行。早稲田大学非常勤講師(2007年度)。 2018年Zコーポレーションの経営に参画。ファンドマネージャとしてモビリティ領域の投資とハンズオン業務に従事。同12月にマネーフォワードに入社し、2019年3月「Money Forward Lab」所長に就任。

関根聡氏(マネーフォワード ラボ技術顧問)のプロフィール

国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター言語情報アクセス技術チーム チームリーダー、ニューヨーク大学コンピュータサイエンス学科准教授、ランゲージ・クラフト代表、元楽天技術研究所ニューヨーク所長、博士(コンピュータサイエンス)、自然言語処理技術、特に情報抽出、言語的知識獲得、言語解析などの研究で最前線に立つ。 2019年3月マネーフォワード「Money Forward Lab」技術顧問に就任。

<辻 秀雄>

この記事に関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事

人気ランキング

  • 人気おすすめキーワード

  • エムトレ無料メルマガ会員募集中!
    エムトレ無料メルマガ会員募集中!

    仮想通貨情報続々配信中!
    メルマガでしか読めない限定情報も!

    無料メルマガ登録はコチラ
    Menu Close 株式・仮想通貨情報を凝縮してお届け 今すぐメルマガ登録する