FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社デルタ 21 ジャパン】日本での暗号通貨取引所の立ち上げを目指し、戦略的パートナーシップを締結


株式会社デルタ21ジャパンは、カナダ初の暗号通貨取引所「GoNumerical Ltd.」と、世界的なブロックチェーン投資銀行のDLTA 21 Blockchain Corp.が、日本の顧客を対象とした集中型の暗号通貨取引プラットフォームの立ち上げることで、戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

コインスクエアが持っているデジタル通貨の堅固な取引プラットフォーム技術が、取引やコンプライアンス、ブロックチェーン/分散型台帳技術(DLT)に特化したDLTa21の日本とカナダを拠点とする専門家チームと一体化することになった。

新しい取引プラットフォームは、日本の規制当局からの承認を得た後、ブランド名を「DLTa21X」として、立ち上げることにしている。「DLTa21X」プラットフォームは、応答性の高い顧客サービスが特長で、安全で安価で、法令順守のユーザーフレンドリーなインターフェイスを介して、デジタル通貨が取引できる革新的な方法を日本の投資家に提供する予定である。

DLTa21のB・マシュー・ホーナー会長は次のように述べている。
「日本におけるデジタル通貨取引プラットフォームの戦略的パートナーとしてコインスクエアと提携できることを非常に嬉しく思っています。ブロックチェーン(dApps)における世界レベルの非集中型アプリケーション開発について、日本でその関心が急速に高まっており、さらには世界的なビットコイン取引の大半を日本が占めていると言われています。このことからDLTa21は、日本における350万人以上の暗号通貨取引トレーダーに、世界水準のソリューションとセキュリティを提供していくことを目指してまいります」

コインスクエアの最高経営責任者のコール・ダイアモンド氏は、次のように語っている。
「今回のパートナーシップがコインスクエアの歴史的な一歩になることを大いに期待しています。DLTa21のような世界トップレベルの投資会社と提携し、安全安心かつ手軽なデジタル通貨の購入・取引を日本で実現することは、コインスクエアの目標を達成する上でも刺激的な新たな一歩となります。独自のマーケットを持つ日本で、当社のプラットフォームの力を発揮できることを期待しています」

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する