FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【Global Mobility Service株式会社】SBJ銀行が業務提携し、IoTデバイスを活用したFinTechローンを開始


Global Mobility Service と、SBJ銀行【金融庁長官(金監)第2770号】は、FinTechオートローンを日本国内やASEAN諸国で提供するために業務提携を締結した。ちなみに、Fintechオートローンは、マイカーローンや自動車ローンなどの総称のことである。

Global Mobility Service は、自動車の遠隔起動制御を可能にするIoTデバイス「MCCS」(Mobility-Cloud Connecting System)と、モビリティサービスプラットフォーム「MSPF」(Mobility Service Platform)を活用したFinTechサービスモデルを構築し、フィリピンなど新興国市場や日本市場へ提供してきた。

一方、SBJ銀行は、韓国の金融機関であり、世界20カ国で50店舗のネットワークを持つ新韓ファイナンシャルグループ100%子会社で、日本国内で事業を開始したのは、2009年である。「ANY住宅ローン」や「SBJマイカーローン」などの金融サービスを提供している。

SBJ銀行は、Global Mobility Service と提携することで、2018年7月26日から「MCCS付オートローン」の取扱いをスタートし、従来のオートローンの審査で通過しにくかった外国籍の顧客を含め、オートローンサービスの提供を行うことになった。さらに、SBJ銀行本店内に専門チームを設置し、顧客サービスの充実に取り組んでいく。

今後は、「MCCS付オートローン」を必要とする人々への提供や、新たな顧客層にもローンを提供し、新たな市場開拓を行っていく。

日本国内で自動車を購入したいと思っても、オートファイナンスの審査に通過できず、自動車を購入できない人口は約200万人にもいる。フリーランスを中心に、支払い能力は十分あるのに、従来のオートローンでは与信の獲得が難しく、地域発展に寄与すべき人材の就業、生活水準の向上に歯止めがかかってしまっていた。

ASEAN諸国では、貧困や歴史的な背景などからファイナンスサービスを利用する機会がないので、オートローン審査が通りにくく、豊かな生活を実現するチャンスを逸している方が非常に多い。

両社が提携することによって、日本国内やASEAN諸国で、仕事を行う意欲的な人たちが自動車を得て生活を豊かにする機会を生み出すことは、社会的意義の高い取り組みと、Global Mobility Serviceは考える。そのため、この提携は、FinTechを活用した新たな金融機会の創出、自動車販売台数の増加の実現につながることによって、市場経済での新たな機会創出を実現していくことになる。

Global Mobility Serviceは、「モビリティサービスを通じて、多くの人を幸せにする。」を経営方針に掲げ、提携ファイナンス会社各社と、ファイナンスを通して、人々の豊かな生活を実現するサービスを展開していく方針である。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する