FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【CBcloud株式会社】ブロックチェーン技術を採用した動態管理サービス「イチマナ~AI動態管理~」を無料で提供


荷主と配送ドライバーを直接マッチングするサービス「PickGo」を提供するCBcloudは、2018年8月9日(木)から、動態管理サービス「イチマナ~AI動態管理~」を、無料で提供することにした。

「イチマナ~AI動態管理~」は、動態管理の領域にブロックチェーン技術や人工知能(AI)を活用し、効率化とセキュリティ強化を実現した。

開発段階から実証実験を共にしたロジネットジャパンが、グループの一般貨物車両870台へ、2018年9月から順次導入することも決まった。

動態管理とは、ビジネスで利用される車両の位置情報や、配送ステータスを取得し、管理する仕組のことである。管理者がオフィスにいながらにして現場の状況をリアルタイムで把握し、配送や作業スケジュールの効率化を高めることになる。

「イチマナ~AI動態管理~」は、物流業界の「アナログ管理」をデジタル化し、ドライバーと管理者両方の負担を軽減し、物流現場の業務の円滑化を実現するために開発した。ドライバーの環境を働きやすくすれば、業界の大問題である人手不足の解消へもつながる。

物流業界は、下請け企業の利用するという多重構造が常態化しており、それが、業務連絡網を複雑にしている。また、業界の90%以上は中小企業で、彼らには負担を軽減するためのシステム投資の技術の導入は難しい。そこで、CBcloudは、業界各社の業務効率化実現のために、「イチマナ~AI動態管理~」の無料提供に踏み切った。

「イチマナ~AI動態管理~」の特徴

大きな特徴は、4つある。
1.「無料かつスマホとPCのみの使用で容易な導入」
2.「人工知能(AI)活用による操作負担の軽減」
3.「ブロックチェーン技術活用によるセキュリティ強化」
4.「複数企業間での情報共有」
さらに、ドライバーと管理者・荷受人とのコミュニケーションコストを削減するために、ボイスチャット機能も実装する予定だ。

ロジネットジャパングループ全車両への導入

ロジネットジャパンは、グループの一般貨物車両870台へ「イチマナ~AI動態管理~」を導入する。物流業界の効率化や現場の負担軽減への課題感に共感し、いち早くグループ傘下の小泉運送所属の車両で、大規模な実証実験を行った。

【「イチマナ~AI動態管理~」の概要】

名称:「イチマナ~AI動態管理~」
運営会社:CBcloud
ドライバー導入方法:「イチマナ~AI動態管理~」をダウンロード後、アプリ内より登録。
管理者導入方法:サービスサイト内フォームより問い合わせ。担当者より詳細を案内する。
スマホアプリ動作保証端末:Android4.4以上搭載スマートフォン、 iOS10.0以上搭載iPhone
管理者ページ動作保証ブラウザ:Google Chrome最新バージョン、 Internet Explorer11以上

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する