FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

ドイツ取引所がブロック・チェーンによる送金を提言


ドイツ取引所がブロック・チェーンによる送金を提言

ドイツ証券取引所は1月23日のプレスリリースで、同取引所がドイツ連邦銀行と協力して開発研究中のブロック・チェーン技術を利用した「安全な送金手段」について、「ブロック・チップ」というコンセプトを今後、同取引所の会員及び利用者に提言していくと発表した。

現在、世界中の取引所と清算会社、銀行などが、取引所資産の送金手段改善を目的に、ブロック・チェーンの開発・研究に取り組んでいるが、法的整備やシステム整備など、課題はまだまだ多いと見られている。

同取引所も実践的活用を目指して、その考え方を共有するために「ブロック・チップ」と題して、まず公開した。その基本コンセプトは、デジタル・コイン(仮想通貨)を使って、清算会社と取引関係者の証拠金等の「担保」を移動するもの。商業銀行を使うことが前提だが、送金コストの軽減など、取引関係者には大きなメリットが生まれると考えられている。

リリースによれば、ドイツ証券取引所は、ブロック・チェーンの運営基金であるLinux FoundationのHyperledgerプロジェクトのプレミアムメンバーとして、ブロック・チェーン利用の開発研究を手掛けており、その技術の一部はすでに特許を申請中でもあるという。

ドイツ証券取引所の子会社であるユーレックスのCEO、エリック・ミューラー氏は、「信頼できる取引所の清算機構と統合することにより、ブロック・チェーン上の資産振替が、信用リスクなしに利用できる可能性がある。今後は、明確なルール作りとガバナンス規制も構築していく」と語っている。

株式や先物の取引に、担保としてデジタル・コインを利用する日も案外近いのかもしれない。

<益永 研>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する