FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

アメリカン・エクスプレスもブロックチェーン利用研究に参加


アメリカン・エクスプレスもブロックチェーン利用研究に参加

クレジットカード会社大手のアメリカン・エクスプレスは1月30日、ブロックチェーンのメリットをフル活用し、既存のビジネス工程を一変させる商品開発のために「ハイパーレジャー(超勘定元帳)プロジェクト」に参加することを明らかにした。このプロジェクトには100以上の企業や団体が参加し、同一基準でコード・ベース、かつオープンソースのブロックチェーン・フレームワークを企業体で作り上げようとしている。

アメリカン・エクスプレスからは今回、同社でビッグデータ、ブロックチェーン、電子マネーを主導している技術部門のシニア・バイス・プレジデント、サストリー・ダーバシュラ氏がこの企業体の政策決定理事会入りする。

ハイパーレジャー・プロジェクトのエグゼクティブ・ダイレクター、ブライアン・ベレンドルフ氏は、「アメリカン・エクスプレスのような世界的な大会社がプロジェクトに参加してくれるのは励みになる」とした上で、「プロジェクトは、リーディング・カンパニーたちの支持を得て成長し続けており、今年後半にはハイパーレジャー・ブロックチェーン・テクノロジーの実験が出来ると信じている。それは、この新しい産業にとって新たなシステムや、その多様な利用手段やアプリケーションを創造することの始まりを意味することになるだろう」と語る。

一方、アメリカン・エクスプレスの広報部門のエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント、マーク・ゴードン氏はこう語る。「このプロジェクトに参加し、ブロックチェーンのメリットをすべて手に入れることで、革新的な商品を我々の顧客たちに届けることを期待している。また、プロジェクトのプレミアメンバーとして、我々の経験や国際的な広がりが、このオープンソースのブロックチェーン・エコシステム開発の手助けになることも期待している」

<益永 研>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する