FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

イーサリアムが人気テレビ番組「シリコンバレー」で紹介される


イーサリアムが人気テレビ番組「シリコンバレー」で紹介される

イーサリアムが消費者レベルでの国際的メインストリームになり始めている。最近、シリコンバレーで人気のテレビ番組「シリコンバレー」の第4シーズンで、イーサリアムが時価総額や利用者、クライアントを急速に増やしており、しかも新しい世代のインターネットと、その世代にとって利用し甲斐のあるアプリケーションの開発にとって重要な分散かされたネットワークとテクノロジーとして紹介された。

それによれば、イーサリアムは、特に数十億ドル規模の銀行や金融機関、JPモルガンやマイクロソフトを含む主要なテクノロジー企業によって利用されるように開発された唯一の公的なブロックチェーンとなっており、分散するネットワークへとブロックチェーンに最も近くなりつつあり、「最大のメインストリーム」になりつつあるとも評価された。

「シリコンバレー」シーズン4のエピソードの一つでは、イーサリアムのネットワークはフレキシブルであり、アプリを展開するのに十分効果的なものとして、プロダクトの開発ロードマップ上でも最終段階のものとして紹介された。

国際的にも多くのメディアを通じて、イーサリアムは真の分散かたネットワークアプリケーションを構築するための潜在力があると紹介されている。

新バージョンのイーサリアムを始動

「コインテレグラフ」は、イーサリアム基金とその開発グループが、Metropolisと呼ばれる新たなバージョンのイーサリアムをスタートするために動いていることを紹介している。Metropolisは、イーサリアムのネットワークを利用することで、マイクロソフトやJPモルガンといった大企業も、よりフレキシブルなエコシステムで、アプリケーションを構築できることを保証する。

こうした最新技術が実現すれば、スタートアップ企業は、近い将来い、より活発かつ効果的なイーサリアム・ネットワークの中で、アプリケーションを利用することが出来るようになる。イーサリアム基金はまた、今後3~6か月の内に、イーサリアム・コミュニティの中で、より大きな商業アプリを作ろうとする際、そのユーザーからの手動での承認を受け取る必要がなく、自動的にフィーの決済ができるスマート・コントラクトを含む新しいプランをリリースする計画だともいう。

<益永 研>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する