FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【AnyPay】割り勘アプリ「paymo」と「AnyPay」がブランドを統一。AnyPayは、「paymo biz」へサービス名を変更。


AnyPayは、割り勘アプリ「paymo」とオンライン決済サービス「AnyPay」のブランドを統一し、 AnyPayのサービス名を「paymo biz」へ変更する。変更日は、2017年11月15日。

ブランド統一の背景

割り勘アプリ「paymo」は、個人間の支払いを便利にするサービスとして、オンライン決済サービス「AnyPay」は、簡単にクレジットカードを導入できるプラットフォームとして、多くのユーザーが利用中だ。この二つのサービスは、2017年8月より「ペイモQR支払い」機能にて連携し、逗子海岸や都内のカフェ数店舗で試験導入を実施してきた。

今回、二つのブランドを統一することで、ペイモには、割り勘機能に加え、店への支払いが可能な「お支払い機能」が加わり、個人間の支払いから店への支払いまでシームレスな世界が実現できるはずである。

paymo bizについて

誰でも登録・導入でき、商品の決済リンクを作成することができる。ユーザーは、「paymo」の残高やポイントを利用して支払いを行うほか、登録しているクレジットカードで支払うことも可能だ。

今まで「AnyPay」で利用していた、レッスン料や会費の徴収、結婚式の二次会での集金、オンライン商品の販売から、カフェや飲食店での支払いなど、リアルな店舗での対面決済もQRコードを利用してできるようになる。

今後の展開

「paymo」で支払いができる場所を増やすために、QRコードによる決済を軸に店舗数を拡大していく。販売者が便利に使えるよう、支払い手段の拡充、顧客ユーザーへのDM配信やCRMなどの機能拡充を実施する。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する