FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Coindesk】検事総長のJeff Sessions氏、ダークネットでビットコインが使用されるのは大問題だ


アメリカの検事総長であるJeffrey Sessions氏は、ビットコインや他の仮想通貨が不正な取引に使われることに懸念を表している。
上院司法委員会への彼の証言のなかで、Sessions氏(元上院議員)は、上院議員のDianne Feinstein氏の質門に答えて、闇市場やオンライン市場におけるビットコインの使用を強調した。

闇サイトの利用者はビットコイン等を使用しており、それは大問題だ

彼の発言のなかで、Jeffrey Sessions氏は、米国当局の取り締まりによって閉鎖に追い込まれた、前エコシステムの先駆者であったAlphaBayを含む2つの闇サイトに言及した。Jeffrey Sessions氏は、AlphaBayの顧客基盤は24万アカウントもあり、その顧客はほとんど違法な物質と銃を販売していたと主張した。違法な物質のなかには、フェンタニル(フェンタニル とは、主に麻酔や鎮痛、疼痛緩和の目的で利用される合成オピオイド。オピオイドはケシから採取されるアルカロイドや、そこから合成された化合物)が含まれていたとも。

法執行機関の関係者は長い間懸念を表明していた

さらに、調査官が追跡するかもしれない証拠を覆い隠そうとしていると主張した。米連邦捜査局のような捜査機関は、サイバー犯罪への取り組みを鼓舞するための資金を求めているときに、このような使用事例を標的にした。さらに、かつては世界一の暗市場であったシルクロードの閉鎖に伴い、間違いなく始まったトレンドでもあった。

Jeffrey Sessions氏が上院司法委員会に出席したことは、議会が暗市場に関連する具体的な措置を取るかもしれないという兆しにつながった。Dianne Feinstein氏の発言のなかで、彼女は、法律や代替活動を通じて、闇サイトを取り巻く問題について、Jeffrey Sessions氏と司法省に協力したいと述べた。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する