FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【GMOコイン株式会社】仮想通貨リップルの取り扱いを開始


仮想通貨取扱事業者のGMOコイン株式会社は、仮想通貨リップルの購入・売却機能のサービス提供を開始した。 GMOコイン株式会社は、ビットコインのほかに、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの3種類のアルトコイン通貨の購入・売却機能を提供しているが、リップルの購入・売却機能を追加することを決定した。
ただ、12月から取扱開始を案内していたイーサリアムクラシック(ETC)は、取扱開始見合わせを決定した。今後の取扱については決定し次第、発表する。

リップル(XRP)とは

リップル(XRP)とは、Ripple社が運営している金融商品の国際送金システムの「RippleNet」で決済・送金するために用いる仮想通貨である。ビットコインと比較すると、ビットコインのシステムは、ブロックチェーンにビットコインに関する取引結果を記録するが、Rippleは、ブロックチェーンに米ドルや円などの、さまざまな金融商品に関する取引内容を記録することで、決済・送金の手続きを簡略化するシステムだ。Ripple社は、リップルの利便性として、送金が4秒で決済されるなどの点を提唱しており、大手クレジットカード会社のアメリカンエクスプレスが、RippleNetへの参加を表明したことも記憶に新しい。

リップル売買スプレッド 大縮小キャンペーン

取扱を開始するリップルの取引を対象に、キャンペーンを実施する。取扱を開始するリップルを対象に、売買時のスプレッド(購入価格と売却価格の差)を大幅に縮小する。通常スプレッド 1円 → 期間限定 0.3円。対象期間は、2017年11月29日(水) 定期メンテナンス明け ~ 2017年12月27日(水)15:00までである。
詳細はこちらまで。

<辻 秀雄>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する