FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【CryptoCoinsNews】UPSが支援するブロックチェーンコンソーシアムは運送業界で大規模な変化を起こす


ブロックチェーンが消費者と企業間でユビキタスになるにつれて、我々は引き続き世界経済の重要な部分である産業の大規模な変化を見ることになるだろう。

大きく変化するであろう業界は貨物と物流業界で、2015年に年間約8兆ドル(2015年)、2023年までには15.5兆ドルを超えることが予想される。世界のサプライチェーンは、デモクラシーとフリーダムの核である、自由貿易を可能にするため、ますますテクノロジーに依存し続けている。

現代社会で明らかに重要な要素であるが、貨物業界は技術進歩と生産性の面でまだまだ遅れている。多くの問題は、わずかな透明性しかなく、高価な負債の多くについて誰も責任を負わない貨物業界の元々の性質に原因がある。実際、FBIは年間300億ドル以上の貨物盗難があると推測している。

BiTa:ブロックチェーンの提携

BiTAは、 “貨物業界のブロックチェーン基準と教育の発展のためのフォーラムを作成するため、経験豊かな技術者と輸送の重役によって形成された。” 彼らはブロックチェーン技術の開発に関心を持っている幅広い種類の貨物、運送、物流会社の業界で最高の、そして最も素晴らしいアイデアを集めたいと考えている。

BiTaのウェブサイトによると、世界中の企業から300以上のアプリケーションを持ち、現在のメンバーは60人近くにのぼる。最近では、SAPやUPSなどのグローバル企業が参加し、彼らは「荷主、運送業者、ブローカー、消費者、販売会社、その他のサプライチェーンのステークホルダーの透明性と効率を高めようとしている。」

すべてのメンバーがこの業界で老舗ではなく、新たなブロックチェーン企業も含まれている。たとえば、ブロックチェーンをベースとしたShipChainは、出荷プロセスのあらゆる段階を把握するため、分散型の完全に統合されたプラットフォームを構築する予定である。業界の革新を促進するため、大企業とスタートアップが協力するこの融合は、進歩を遂げる兆しである。

BiTaの目標は、コストの削減と輸送効率の向上である。現在、バイヤーおよび荷送人は、取引の流れを管理し取引を確認するために高価で、欠点のある中間貨物ブローカーを雇う必要がある。 「業界のゲートキーパー」としての役割を果たしているブローカーは、追加料金や手数料から消費者価格を50%も引き上げることができる。

多くの場合、不透明で複雑なものと見なされる業界では、購入した商品のアップデートを受け取る前に無力なバイヤーは何週間、何ヶ月も待たされることがあるため、取引の実際の流れはほとんど分からない。現在のインフラでは規模を拡大することが難しく、BiTaが新しいブロックチェーン技術を導入しているもう一つの理由である。

Stifelの業界アナリスト、John Larkin氏は、BiTaの影響と目標は依然として「何年も先」と述べ、同時にそれらの透明性とBiTaのスタンダードを拒む運送会社を「将来の敗者」と呼んでいる。Larkin氏の運送業界のビジョンは、トラック積載の価格がデータ分析と人工知能を組み合わせて、荷物と空きのリアルタイムマッチングを作成するものである。

BiTaは、貨物とブロックチェーンにおける最新の出来事について運送業界に知らせるため、教育リソース、オープンフォーラム、コンフェレンス、補足情報を提供することから始める。(出典:CryptoCoinsNews

エムトレの視点

貨物と物流業界は、一見するとアナログな旧体質なものにみえるかもしれないが、非常にテクノロジーの導入が盛んであり、他のテック業界同様その波についていけない企業は取り残されていて、弱肉強食は一歩ずつ進んでいる。ブロックチェーンの導入は、非常にコストエフェクティブであり、貨物と物流業界においても間違いなく広く利用されることになるだろう。日本の流通大手のヤマト運輸と佐川急便においても、導入を進め世界をあっと言わせるようなイノベーションを起こしてほしい。

<元彌>

提携先

メディア掲載実績

【日経CNBC】情報キャッチアップ『ビズ・レコ』

CSR活動

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する