FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社シノケングループ】仮想通貨『シノケンコイン』の発行を決定


株式会社シノケングループは、ブロックチェーン技術開発企業であるchaintopeと資本・業務提携を行い、ブロックチェーン技術を活用した不動産サービスの開発を進めているが、チェーントープの最先端技術を活用したオリジナルの仮想通貨『シノケンコイン(略称SKC)』の発行やビットコイン等の仮想通貨サービスのプラットフォームとなる、スマートフォンアプリ「シノケンアプリ」の開発を決定した。

仮想通貨市場は急速に成長し、その規模は30兆円にも達していると言われ、将来、主要な決済手段になるといわれている。シノケンは、オーナーや入居者に対し、家賃や電気代、ガス代等の決済手段として『シノケンコイン』やビットコイン等の仮想通貨を利用できるサービスを提供し、将来的には『シノケンコイン』の利用可能範囲をシノケンサービス外へ拡充させるなど、より付加価値の高いサービスの提供に取り組んでいく。

スマホ決済サービスや、IoTデバイスのコントロール機能なども

あらゆるサービスがスマートフォンを介して提供され、スマートフォンは生活に欠かせないツールとなっているが、シノケンは、さらなる利便性を追及し、オーナーや入居者向けのシノケンアプリの開発を決定した。
シノケンアプリは、『シノケンコイン』システムのプラットフォームとして、また、オーナーがアパート経営を行っていく上で必要な情報を網羅するほか、入居者がシノケン管理物件で生活していく上で、便利で得な情報の提供に加え、『シノケンコイン』による家賃、電気代やガス代等のスマホ決済サービスや、IoTデバイスのコントロール機能など、さまざまな機能をアプリ上に順次、付加する予定であり、オーナーや入居者の利便性を追求し、顧客満足度の向上を目指す。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する