FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社ガイアエクスチェンジ】仮想通貨自動両替機の取扱いを開始


ガイアエクスチェンジは、複数の主要な仮想通貨を日本円に両替できる仮想通貨自動両替機の取扱いを、2018年3月10日から開始する。この仮想通貨自動両替機の特長は、

①瞬時に複数の仮想通貨を日本円へ両替可能なこと
②外貨(全12種類)を日本円へ両替可能なこと
③全額両替可能(端数金額まで対応)なこと

である。

「コインテレグラフ」の調査では、いまや仮想通貨全体の市場規模は約22.8兆円を超えるまでに拡大しているという。しかし、投資家たちは、仮想通貨の両替の現状にはかなり不満をいだいていることがわかっている。中国では2017年10月31日に仮想通貨取引交換所の業務が禁止となり、仮想通貨を保有する中国の投資家たちは、仮想通貨と人民元などを両替できる場所を探しているし、中国の大手仮想通貨取引所は海外へ活路を見いだそうとしている。

ガイアエクスチェンジは、両替をとりまく現状や、仮想通貨両替業が今後、新たなマーケットに成長するものと見込んで、ビットコインなどの主要な仮想通貨の円貨両替機能に対応した自動両替機を開発した。

新たに開発した仮想通貨自動両替機は、Bitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)など主要な銘柄を含む、全8種類の仮想通貨の両替ができる。

ユーザーは、スマートフォンでQRコードを読み取り、希望する円貨額を入力し、当日の円レートで自動換算された仮想通貨の送金手続きをするだけで、両替機から手数料を差し引いた円貨が払い出されるという仕組みになっている。

年中無休で取引きができるのも魅力的だ。現在、仮想通貨のオンライン取引所で仮想通貨を日本円へ両替する場合は、銀行の営業時間内にしか出金ができないが、この機械を利用するとことで、その場ですぐに換金ができる。

サービス特長

(1)瞬時に全8種類の仮想通貨を日本円へ両替可能
開始時は、 Bitcoin(BTC)、 Ethereum(ETH)、 Ripple(XRP)等の銘柄。今後順次拡大予定。
(2)全12種類の外貨(米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、台湾ドル、香港ドル、英ポンド、シンガポールドル、豪ドル、タイバーツ、マレーシアリンギット、インドネシアルピア)を日本円へ両替可能。

機能特長

(1)フリーWiFi搭載でサービスの充実。
(2)API繋ぎ込みなど状況に応じたカスタマイズが可能。
(3)10万円以下は本人認証不要で外貨両替が可能。

自動外貨両替機設置場所

ハウステンボスやHIS、東急ハンズ、渋谷109、上野3153、大阪天保山マーケットプレイス、 マルハン、各種ホテルやお土産店等全国のスポットに設置を予定している。
参考サイト

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する