FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Tokyo Otaku Mode Inc.】アニメ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」でICOの検討を開始


Tokyo Otaku Mode Inc.は、アニメ/漫画/ゲームなどオタク系コンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」でICO実施について検討を開始した。さらに、「オタクコイン準備委員会」も設立した。

Tokyo Otaku Mode Inc.がICOを検討するのは、業界全体の課題をICOを利用して解決するのが狙いである、という。そこで、「オタクコイン準備委員会」を設立して、漫画やアニメ、ゲーム業界の専門家や企業、ユーザーから広く知見を募るという。

このような構想に興味や関心がある方と双方向のやりとりを、コミュニケーションアプリTelegramなどを活用して行っている。2018年春頃を目処に、説明会を開催し、資料なども公開する予定である。

「オタクコイン準備委員会」のアドバイザーに、アニメの企画、プロデュースなどの事業を展開するジェンコ代表の真木太郎氏、ジャーナリストの数土直志氏が就任した。

この構想の支援には、AnyPayが大きく係わっている。資金調達に必要な検討事項や法律/会計/税務観点からのスキーム検討、トークン(コイン)発行・組成、 PR・マーケティングなど、 ICOを行うのに必要な支援を行う。AnyPayはすでに、分散型金融プラットフォームサービスを提供するBreadやインドでカーシェアリングサービスを運営するdrivezyなどへICOコンサルティングを行っている。

オタクコインとは

オタクコインは、アニメ/漫画/ゲームなどのいわゆるオタク系コンテンツ業界で利用できる共通通貨である。アニメ作品への直接的な支援や、アニメイベントへの参加費用、物販の支払いなどに利用可能だ。また、オタクコインが流通することで、情報の流通やコンテンツの流通、関連グッズなどのマーチャンダイズの流通を促進することにも繋がる。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する