FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【ソフトバンク・テクノロジー株式会社】ブロックチェーンと決済データを組み合わせた信用情報プラットフォームの開発


決済ソリューション事業を展開しているインサイトと、クラウドを中心としたICTサービスを提供しているソフトバンク・テクノロジー、ブロックチェーン技術に定評のあるシビラの3社は、ブロックチェーン技術と決済データを活用した、新しい信用情報プラットフォームの開発を行うことで合意した。

インサイトは、次世代型の信用情報プラットフォームを構築する。このプラットフォームは、多角的な情報を集約して管理するというものだ。そのためには、インサイトがこれまで培って「家賃決済代行」のノウハウをはじめ、電気料金などの生活決済データと不動産ビックデータとブロックチェーン技術を組み合わせるというものだ。

第1フェーズは2018年1月末に終了する予定で、ブロックチェーンへのデータ保存と、サーバレスアーキテクチャによるデータアクセスを活用したシステムの構築を行う。そして、安心・安全で可用性の高い信用情報管理が実現する。このようなシステムが実現には、ブロックチェーン技術の特徴が大きく影響している。ブロックチェーン技術の特徴は、対改ざん性、ゼロダウンタイム、暗号技術に基づいた認証、電子署名によるデータ証明、データトレーサビリティなどである。

信用情報プラットフォームの開発について、日本マイクロソフトがコメントを寄せている。
「日本マイクロソフト株式会社は、インサイト様、 SBT様、ならびにシビラ様による不動産ビックデータとブロックチェーン技術を組み合わせた信用情報プラットフォームの開発に『Microsoft Azure』が採用されたことを心より歓迎いたします。『Microsoft Azure』が開発基盤となることでブロックチェーンの構築が迅速に行えるようになるだけでなく、データ統合や分析機能によって次世代型の信用情報の創出が加速することに期待をしています。今後も弊社は、インサイト様、 SBT様、ならびにシビラ様との連携を通じて、お客様のデジタルトランスフォーメーションに寄与する革新的なクラウド環境を提供してまいります」(日本マイクロソフト パートナー事業本部 パートナー技術統括本部 統括本部長 細井智)

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する