FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【大見税理士事務所】1月13日(土)開催、「仮想通貨確定申告セミナー」を受けよう!


今年も確定申告の時期が近づいてきた。給与所得者、いわゆる給与をもらって生活している人でも、給与所得以外に20万円以上の所得(利益)がある場合には、確定申告をしなくてはならない。今年の確定申告の期間は、2018年2月16日から3月15日までだ。

今年は、仮想通貨の確定申告が注目されている。仮想通貨の取引などで利益を上げた方は、確定申告の必要があるが、仮想通貨の確定申告は思っている以上に難しい。税の専門家である税理士でも、仮想通貨の確定申告を受け入れてくれる税理士は少ないのが実情である。そうかといって、取引に離れているが、税の専門家でもない個人が、確定申告の用紙である第二表を使って、自分で確定申告をするのは、大変難しい。

なぜなら、仮想通貨取引所は、個人の取引状況をまとめた「CSVデータ」なるものを個人投資家に送ってきてはくれるが、このデータがまず、取引所によって書式がバラバラなことと、確定申告用にはつくられてはいないからだ。しかも、仮想通貨の取引が10回や20回だったらまだ、計算はややこしくはないが、取引回数が何千回、何万回となったら、素人はお手上げだ。しかも、取引所ごとに仮想通貨の価格も違うし、仮想通過後との計算もしなければならない。

そんな状況を救おうと立ち上がった税理士たちがいる。彼らは、この現状を憂いて、仮想通貨の確定申告のセミナーを実施する。
対象となるのは、「ビットコインなどの仮想通貨で利益がでたけど確定申告なんてしたことないよ」「ビットコインで確定申告なんて面倒だからいいや」「去年からビットコインの取引してたけど去年の分はしなくてもいいよね」といった人たちだ。

2017年年12月1日に、国税庁から仮想通貨の取扱いについて見解がだされがが、その内容はごく一部にとどまっている。現状では税理士も税務署としても取扱に困っている状態だが、確定申告の時期はすぐ迫ってきている。今回は、確定申告をしたことがない方(していてもあまり理解していない方)で、ビットコインなどの仮想通貨で利益を上げた人を対象としたセミナーになる。

日時

2018年1月13日(土)10時~12時

場所

TKC東京本社 3F 研修室
東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル
(JR「飯田駅」徒歩5分 東京メトロ「飯田橋駅B4b番出口」すぐ)

内容

・確定申告をしなければいけない人
・税務上の具体的な利益の算出方法
・サラリーマンを対象とした確定申告書の書き方
・節税の方法
・個別相談

講師

税理士:大見光男

申込み方法

下記サイトにある申込みページこちら宛にメールを送付。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する