FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【株式会社アイリッジ】電子地域通貨の導入を目指す


伊予銀行株式会社アイリッジは、共同で電子地域通貨の導入を目指す。フィンテック・ソリューションによる地方創生の取り組みの一環だ。

その第一弾が、2018年2月から約3ヵ月間という限定期間で行う電子地域通貨「IYOGIN Co-in」を使用した実証実験である。当初は、伊予銀行の本店役職員約400人が対象だ。

電子地域通貨の導入には、スマートフォンアプリの活用が欠かせない。伊予銀行の顧客に有意義な情報発信や、スムースで負担のかからない決済サービスを提供することが、地域の需要喚起につながり、ひいては地域経済の活性化や金融サービスの向上につながっていく。

この実証実験を通じて、技術、セキュリティ、法制度や運用面における課題を抽出・検証して、本格的な導入を検討する。「IYOGIN Co-in」には、アイリッジの電子地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を採用する。

実証実験の概要(予定)

・対 象 者:伊予銀行の本店役職員(約400人)
・期  間:2018年2月16日(金)から約3ヶ月間
・対象店舗:伊予銀行本店内の食堂、近隣飲食店
・想定金額:一人一月当たり1万円
・通貨名称:「IYOGIN Co-in」

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する