FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【テックビューロ株式会社】3社によるICO実施を検討中


テックビューロ株式会社は、Looopクリプトマイニングジャパンの間で、テックビューロが提供するICOソリューション「COMSA」を利用してトークンの発行を検討中である。

ICOの実施時期は当初、Looopとは2017年12月から2018年2月まで、クリプトマイニングジャパンとは2017年12月か2018年1月にはICOを実施することになっていた。
ところが、3社で再度協議をしたところ、ICOの実施時期を再検討したほうがいいという結論に達した。

テックビューロ

暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)で、ブロックチェーンの「mijin」や、仮想通貨交換取引所の「Zaif」を運営するほかに、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供している。

Looop

太陽光・風力・水力等を用いた自然エネルギー専門のリーディングカンパニーを目指しており、設立は東日本大震災後の2011年4月。宮城県石巻市への太陽光発電システムの無償設置や震災被害地へ太陽光発電での支援、電力の固定価格買取制度(FIT)の開始に先んじて太陽光発電所をDIY感覚でつくる「MY発電所キット®」をリリース。日本全国で約2000件の設置を達成している。さらに、一般家庭向け電力サービス「Looopでんき」を2016年4月にリリースし、6万軒の家庭に電力を供給している。

クリプトマイニングジャパン

マイニングプールやクラウドマイニングサービスなど、マイニングソリューションをグローバルに提供している。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する