FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【Global Mobility Service】カンボジア王国に現地法人を設立


Global Mobility Serviceは、カンボジア王国に現地法人Global Mobility Service (Cambodia) Co.,Ltd.を設立し、カンボジア国内で自社の独自のサービスであるIoT×FinTechを提供していく。

Global Mobility Serviceは、自動車の遠隔起動制御を可能にする独自開発のIoTデバイス「MCCS」とIoTプラットフォームシステムを活用して、与信審査を不合格になった人を対象に、ファイナンス会社がオートローン・リースを提供できるようにしたFinTechサービスモデルを構築している。

11台億超の車が世界中で走っているが、オートローンを活用して自動車を購入しいが、ローン申込み時の審査が不合格となり、車を購入することが不能な人が約20億人にのぼっている。なかでも、ASEAN諸国はそのケースが顕著で、Global Mobility Service は、フィリピンに現地法人を設立し、「車さえあれば職を手にして生活が豊かになる」という人々の思いに対して、車の購入・利用機会を創出するFinTechサービスを提供してきた。

このFinTechサービスはフィリピンだけでなく、他のASEAN諸国でも求められており、今回、カンボジア王国現地からのFinTechサービスへの要請に応じるために、現地法人を設立して事業を開始した。

その第一弾として、AEON Speciarized Bank社と提携し、カンボジアの人たちにFinTechサービスを提供していく。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する