FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Coindesk】仮想通貨の規制は今すぐというわけではないと、ホワイトハウス高官は語る


ホワイトハウスの高官は、2月16日の金曜日に、仮想通貨をめぐる法律はすぐに実現する可能性は非常に低いと述べた。ドイツのミュンヘで開かれた安全保障会議で、CNBCのインタビューに対して、ホワイトハウスのサイバー・セキュリティ・コーディネーターで、トランプ大統領の特別補佐官であるRob Royce氏は、上院公聴会や公開討論などで行われている仮想通貨の規制に関する議論の最近の混乱の真っただ中で、不機嫌さをあらわにした。

写真出典はこちら

Rob Royce氏は、「私たちはまだ、仮想通貨業界のなかで何が良い考えなのか、悪い考えなのかをいまだに研究し、理解しようと努めていると思うので、結論が出るとは思わない」と、CNBCで述べた。

 

Rob Royce氏のコメントは、財務長官であるSteve Mnuchin氏の前のコメントに同調したもので、Rob Royce氏のより緊急な懸念は、ビットコインが犯罪に使用されることであると語った。彼は、ネットワーク機能の特徴であるビットコイン取引の不可逆性がトラブルに巻き込まれることを考慮していると強調した。

写真出典はこちら

 

「私たちは心配しています。ビットコインの概念には、デジタルキャッシュやデジタル通貨といったメリットがあります。しかし、同時に、犯罪行為が起こった後にビットコインの仕組みを見ても、時計を巻き戻して、犯罪に巻き込まれた通貨を取り戻すことはできません」と言って、さらに、Rob Royce氏は「私たちは仮想通貨のことをまだわかっていません。だから、そのことが問題なのです」と付け加えた。

ある米国財務省当局者は、今週初めの演説でサイバーセキュリティの脅威に対する対策を支援するよう国際社会に呼びかけ、さらに、そのことが、ならず者政権とテロリストによる、ビットコインが提供する偽名の悪用を防ぐための唯一の方法だと強調した。

国際通貨基金の専務理事であるChristine Lagarde氏は、最近のインタビューで、国際通貨基金は仮想通貨の違法な使用を積極的に阻止しようと試みており、国際的に協調の取れた規制を支持していると述べた。

写真出典はこちら

出典はこちら

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する