FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

Menu

【Medic Group Future SDN. BHD】メディカル製品の国際取引プラットフォームをブロックチェーン技術で開発 ~「m+plus エムプラス」をマレーシアで開始~


MEDIC GROUP Future SDN.BHD.は、医薬品や機能性食などのメディカル製品の国際取引プラットフォームをブロックチェーン技術で開発するプロジェクト「m+plus(エムプラス)」をマーレーシアのクアラルンプールで始めた。そのために、本社機構をわざわざマレーシアに移転した。

ブロックチェーン技術・分散型台帳技術(DLT)は、サプライチェーンやトレーサビリティの分野での注目度が非常に高い。ダイヤモンドの真贋証明にブロックチェーン技術が使われたりしている。今後も多くの分野でブロックチェーン技術の活用は進むことは間違いない。

MEDIC GROUP Future SDN.BHDがブロックチェーン技術を活用する狙いは、医薬品や食品分野での研究開発から原料・流通・販売に至るまでを管理するシステムを構築し、さらに、国際取引プラットフォームをつくるためである。人々の生命に直接影響する医薬品や食料品だからこそ、データの改竄ができない、透明性の高いブロックチェーン技術が必要なのである。

ブロックチェーン技術はBitcoinの基盤技術である。今回、独自のトークンの販売を発行して資金調達を行い、研究開発を進めていく考えにある。

「m+plus」プロジェクトは、マレーシアの大手製薬事業会社と業務提携し、マレーシアやイスラム圏への新製品の開発・製造を通じて、流通システムをブロックチェーンで管理することが第1段階である。また、他の製薬会社や食品会社へこのシステムを開放していくことで、2021年までに300億円の売上を目指す。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する