FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【泰徳デジタルサービス株式会社】非集中型取引所「XPA Exchange」をオープン~ユーザーの資産価値の維持と投資への期待に応える~


泰徳デジタルサービスは、ブロックチェーンの末端技術開発を進めて、連結する応用ブロックチェーンやデジタル通貨、取引所、びウォレットの開発を行い、それらの事業を展開している。非中央集中型の取引所である「XPA Exchange」は、2018年3月28日(水)にオープンする予定である。

通貨の機能は本来、交換の仲介と価値の維持、価値の基準となるものである。その意味でも、デジタル通貨のボラティリティを安定したものにし、誰もが安心して使える、購入できる価格を維持することによって、人々の日常生活のなかで広く普及すると思われる。

中央集権化された金融機関に頼らず、非集中集権化された、自由な取引システムを構築することがビットコインの開発者であるSATOSHI NAKAMOTOの意図である。「XPAブロックチェーン資産サービスエコシステム」は、ソリューションを提供し、ブロックチェーン技術による非集中化社会の本質に立ち戻り、日常生活で活用できる仮想通貨システムを提供する者である。

「XPAブロックチェーン資産サービスエコシステム」を構成する要素は、デジタル通貨XPA,法定通貨との対等な価値を持つことで資産抵当ができるXPA Assets,XPA Exchange分散型取引システムである。 XPA ExchangeはXPAエコシステムの入り口であり、通貨同士の取引が可能で、さらに、XPAを抵当に入れて法定通貨と同価値のデジタル資産XPA Assetsを獲得することもできる。

「XPA Assets」とは、法定通貨に対して固定された相場の抵当資産のことで、ERC20のフォーマットをベースに「XPA/USD」「XPA/CNY」「XPA/JPY」「XPA/TWD」「XPA/HKD」などがある。「XPA/USD」は米ドルにペックしており、1「 XPA/USD」は1米ドルに固定されている。「XPA/JPY」などもすべて各々の法定通貨にペックしている。

したがって、「XPA Assets」は通貨切り下げや価格の変動、市場バランスにおけるリスクヘッジにも対応している。投資者はいつでも売買ができたり、法定通貨と交換、他のブロックチェーン資産に直接投資も可能だ。ゆくゆくは、資産管理や取引、支払い、振り込みなどの金融サービスとの連携も考えている。

2018年3月28日にオープンするデジタル通貨取引所の「XPA Exchange」は、幅広いサービスと、豊富な取引モードをそなえており、ERC20のフォーマットすべてを支援する通貨為替取引である。ユーザーの登録は不要で、出入金の手続きも簡略化。デジタル通貨の創新的な投資モードを提供するという点では画期的な取引所といえる。抵当の方式で法定通貨と同価値のデジタル通貨も獲得できるし、ユーザーによるデジタル通貨への投資報酬への期待にも応えることができる。と同時に、現金への交換もたやすく、デジタル資産の価値を維持することもできる。

泰徳陽光集団とは?

TIDEiSun Group 泰徳陽光集団は、メディア経営の壁を越えて、ブロックチェーン技術の開発や資金投資を実践し、本部は香港と台北にあり、さらに、台北や東京、ニューヨークには技術開発及びマーケティング戦略オフィスを設置している。香港と台北には100人規模の開発センターもある。2017年にブロックチェーンの末端技術開発を進め、連結する応用ブロックチェーン、デジタル通貨、取引所及びウォレットを開発、展開した。香港最大の仮想通貨取引所を経営し、法定通貨を出入金できるTideBitは、世界ランキング100位内に入っている。デジタル通貨では、1億ドルを超える2つのICOプロジェクトを成功させた。XPAブロックチェーン資産サービス、信用調査とリスク評価を行うCrebitというP2P賃借プラットフォームも運営している。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する