FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社グッドラックスリー】いじって可愛いふしぎ生物「くりぷトン」を遊ぼう!


福岡県の福岡市に本拠を構えるグッドラックスリーは、イーサリアムのブロックチェーン上で遊べるスマートフォン向け新作ゲームアプリ「くりぷ豚(Crypt-Oink)」を近々リリースする予定である。

くりぷ豚とは?

スマホ上に生息するふしぎな生き物で、オスとメスといった性別の区別はない。その姿は色やかたちなどはいろいろあって、ゲームで現れてくるのは3京6000種類とあまりにも膨大な数にのぼる。

ではどうやってあそぶのか。ひとつは、「お見合い」によって、いろいろな色やかたちをした「くりぷ豚」を生成して遊ぶことである。自分が持っている「くりぷ豚」同士をお見合いさせてもよいし、他人が持っている「くりぷ豚」と「お見合い」をしてもよい。そうやって、どんな種類の「くりぷ豚」が生まれてくるかを楽しむのである。そこには意外な組み合わせでまった想像もしなかった「くりぷ豚」が生まれる驚きもある。

もうひとつは、「トレード」である。これがこのゲームの最大の特徴で、「取引所」と呼ばれる機能で、自分が持っている「くりぷ豚」と相手が持っている「くりぷ豚」を相互にトレードをするわけである。この取引所には、世界中のゲーマーから数え切れないぐらいの「くりぷ豚」が出品される。そのなかから、仮想通貨のイーサリアムを使って、トレードをするわけだ。

「くりぷ豚」のゲーム紹介動画を公開中

グッドラックスリーは、ゲームを紹介した動画を公開している。動画はこちらのサイトで閲覧できる。

「くりぷ豚」のサービス概要

タイトル : くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)
ジャンル : ふしぎ生物シミュレーション
対応OS  : iOS/Android
配信予定日: 2018年春配信予定

グッドラックスリーでは、「くりぷ豚」ゲームの他に、ソーシャルプラットフォーム「LuckyMe」の開発も行っている。「LuckyMe」はブロックチェーン技術を活用し、独自のトークンである「LUCKCOIN」によって、広告収益のみに頼らない、新しいかたちのエコシステムの成立を支援するシステムである。独自の分配・評価ロジックにより、いろいろなメディアでの「LUCKCOIN」の流通を想定しており、ゆくゆくは「LuckyMe」と「くりぷ豚」との対応を視野に入れている。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する