FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社TRIPLE-1】7nmプロセス技術を使用した国産ビットコイン用マイニングASICチップを開発


株式会社TRIPLE-1は世界で初めて7nmプロセス技術を使った仮想通貨ビットコイン用のマイニング向けASICチップ「KAMIKAZE」の設計を完了した。「KAMIKAZE」はこれまでのASICチップと比べると、50%以上の省電力化と処理速度4倍にし、環境負荷を大きく低減させながらの高性能化を実現した。

ブロックチェーン技術のひとつであるマイニングは、非常に高度な演算処理能力を有したコンピュータが必要とされている。しかし、マイニングの技術に関しては現在、中国企業の独占状態が続いており、日本はいくら仮想通貨の取引残高で世界一になったとは言え、マイニング技術で遅れを取っていては世界に冠たる仮想通貨王国とは言えない。

そこで、TRIPLE-1は、独自のものづくり技術を生かして、従来のASICチップの精度を遥かに上回るASICチップ 「KAMIKAZE」の開発に取り組んでいる。「KAMIKAZE」のサンプルチップは2018年の8月に、量産チップは同10月に出荷する予定だ。さらに、2019年度には月産1000万個の製造・提供を目標にしている。と同時に「KAMIKAZE」を組み込んだ量産型マイニングマシンの開発も同時進行で行っている。

マイニング専用ASICチップ 「KAMIKAZE 」とは?

 

「KAMIKAZE」はマイニング専用のチップとして開発されたもので、その開発に最も力を注いだ要素が消費電力である。「KAMIKAZE」の電力効率は、0.05W/GH以下に抑えることができた。ちなみに、「W/GH」とは、1秒間に10億回の計算をするのに何Wの電力を消費するかの単位のことである。これは、従来のチップよりも50 %以上も電力消費を抑えることになり、ひいてはエネルギー資源の保全に貢献しているといってよい。

「KAMIKAZE」チップのデザイン (表面)

「KAMIKAZE」 は従来のチップとほぼ同サイズだが、7nmプロセスの使用により回路の密度は 5.2倍の超高密度となっていることから、マイニング能力は最大でオーバークロック時 300GH/sと、従来のチップの約4倍の処理能力を実現している。もちろん、電力効率は最高で 0.05 W/GH 以下、従来のチップの約2分の1である。

一方、マイニングマシンは、約200個程度のマイニングチップによる並列処理でマイニングを行うが、このチップを「KAMIKAZE」に置き換えてみると、パフォーマンスは最大4倍(オーバークロック時) にアップする。

従来のスペックと同じマイニングマシンを「KAMIKAZE」製作すると、チップの数は従来の4分の1で済み、マシンの大きさは4分の1、消費電力は2分の1まで小さくできる。

従来のマイニングチップ(1チップあたり)とのパフォーマンス比較

「KAMIKAZE」の問い合わせはメールで。あて先はこちらである。

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する