FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社freee】京都中央信用金庫と業務提携。創業融資利用法人に「クラウド会計ソフト freee」を一年間無料で提供


株式会社freeeは、京都中央信用金庫と業務提携を締結し、京都中央信用金庫が提供する創業融資「京都中信 創業スタートダッシュ」「スタートダッシュ・ツイン」などを利用する法人や個人事業主に、「クラウド会計ソフト freee」を一年間無料で提供することにした。
freeeは、業務提携を通じ、京都地域のスモールビジネスの業務効率化や成長支援に対して京都中央信用金庫と共同で取組み、地域の開業率の向上や経済の活性化を目指す。なお、freee が西日本にある信用金庫と提携する初めてのことになる。

2016年度の創業支援融資が750件を超すなど、京都中央信用金庫は「京都市スタートアップ支援ファンド」や「きょうと農林漁業成長支援ファンド」への出資を行い、中小企業の経営支援に尽力している。さらに、「第二創業スクール」を主催し、ICTを活用した新たな事業展開のサポートなどを積極的に進めてきており、ICT活用支援にも力を注いでいる。

今回の業務提携を通じて、地域の創業者や開業者を中心に「クラウド会計ソフト freee」などfreee が提供することで、クラウドツールを活用したバックオフィス業務の効率化と経営情報の可視化を目指そうとしている。

今回の業務提携内容

京都中央信用金庫が提供する創業融資「京都中信 創業スタートダッシュ」(第二創業を含む)、「スタートダッシュ・ツイン」(日本政策金融公庫との協調融資商品)を利用する法人や個人事業主に、「会計freee」を一年間無料で提供するというものだ。

今回の提携についてひかり税理士法人代表社員の谷淳司氏はこう語っている。
「『クラウド会計ソフトfreee』の強みは、簿記の知識がなくても、触っていれば、いつの間にか自然と使いこなせるという優しいインターフェイス。さらに、預金やクレジットカードなどの電子データを自動的に取り込みますので、会計ソフトの入力作業も省力化。請求管理や給与計算、経費精算機能を活用すれば、中堅企業クラスのバックオフィス業務の最適化にも応えられる万能ツールです。

今回の京都中央信用金庫様とfreee様との提携によって、地元経済を支える中小企業へのfreee導入が強力に推進されるものと期待しており、私どももfreee認定アドバイザーとして、京都中央信用金庫様とともに、中小企業の生産性向上のサポートに取り組んでいきたいと考えています」

また、京都総合税理士法人代表社員税理士の高栖啓敬氏と、代表社員税理士の橋本太志氏は、次のように語っている。
「京都は古くて新しい学生の街であり、また若者が多いことからベンチャー企業が多く育つ土地でもあります。また老舗企業も多く存在しますが、それらの企業は常に時代の変化に合わせて絶えず成長しています。
『クラウド会計ソフト freee』をはじめとする、 freee 株式会社様が提供されているサービスはこれらのベンチャー企業や老舗企業が求めているものを具現化したものです。ネットバンクとの連携による自動仕訳や請求書の作成、資金繰りなどの経営分析までワンストップで行えるサービスは多くの事業者から支持されるものであると確信しております。
この度の京都中央信用金庫様とfreee株式会社様との業務提携は、今までに無かった新しい形での創業支援や京都の地域経済が活性化することを期待されるものでしょう。
我々税理士も微力ながら地域経済を担う一つとして、この新しい取り組みを応援したく存じます」

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する