FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【麗澤大学】『アフター・ビットコイン』が韓国で発売決定!


麗澤大学経済学部の教授を務める中島真志氏の著書『アフター・ビットコイン』が、韓国で出版されることになった。

7つの韓国の出版が同著の出版を希望したため、オークション方式で出版社の選定を行い、「Book21」が出版権を得た。「Book21」は韓国でもベストセラーを輩出する出版社として知られており、営業利益は30億ウォン(3億円)を達成する総合出版社で、韓国の出版業界をリードする出版社である。

なぜ、韓国の同著を出版するに至ったか。韓国は、日本と同じようにビットコイン熱が高く、仮想通貨に対する国民の関心や興味が非常に高いことから、この著書も韓国で十分に売れるだろうという見込みをもって、韓国語訳での出版が決まった。

同著は、日本銀行出身の著者が、経済学の観点からデジタル通貨の動向をわかりやすくまとめたものである。ビットコインはもちろん、ブロックチェーン技術についてもわかりやすく解説してある。この書籍を読めば、初心者でもデジタルマネーのことがわかるに違いない。現在、日本での販売部数は累計で4万部を突破している。

 

著書の概要

発行日:平成30年内予定(発行日は未確定)
著 者:中島真志(麗澤大学経済学部教授)
出版社:Book21

目 次

序章 生き残る次世代通貨は何か
第1章 謎だらけの仮想通貨
第2章 仮想通貨に未来はあるのか
第3章 ブロックチェーンこそ次世代のコア技術
第4章 通貨の電子化は歴史の必然
第5章 中央銀行がデジタル通貨を発行する日
第6章 ブロックチェーンによる国際送金革命
第7章 有望視される証券決済へのブロックチェーンの応用

 

 

 

著者略歴


中島真志(なかじま・まさし)。麗澤大学経済学部教授。1958年生まれ。一橋大学法学部卒業。その後、埼玉大学にて博士(経済学)を取得。 1981年、日本銀行入行。調查統計局、金融研究所、国際局、金融機構局、国際決済銀行(BIS)などを経て、麗澤大学経済学部教授。単著に『外為決済とCLS銀行』、『SWIFTのすべて』、『入門 企業金融論』、共著に『決済システムのすべて』、『証券決済システムのすべて』、『金融読本』など。決済分野を代表する有識者として、金融庁や全銀ネットの審議会等にも数多く参加。

 

 

問合せ先

麗澤大学入試広報グループ担当:川原(かわはら)まで。
Emailはこちらから
TEL:04-7173-3030  FAX:04-7173-3585

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する