FX・仮想通貨・先物の最新業界情報メディア

広告掲載ご希望の方はコチラ Menu

【株式会社Lattice】暗号通貨を用いた資金調達ICOを開始。量子コンピュータのブロックチェーン応用を加速させる


エストニアに本拠を構える株式会社Latticeは、仮想通貨を使った量子コンピュータの実装に世界で初めて成功したIT企業である。そのLatticeが、2018年4月末から仮想通貨を用いた資金調達(ICO)を始める。投資家から調達した資金の使い道は、量子コンピュータの追加実証実験や、Latticeチェーンの普及活動にあてることにしている。

ICOを実施するにあたって、Latticeはこう意気込む。
「量子コンピュータは既に存在している技術ではあるが、現実には応用範囲が限られている。そうした環境のなかで、ブロックチェーン技術は利用可能であり、Latticeはそれを世界で最初に実現する予定だ」

Latticeには、エンジニアをはじめ、物理学者、数学者など10人が在社している。もともとは金融工学を利用したヘッジファンドとして事業を行っていたが、数年前からブロックチェーンの可能性に着目し、フィンテック分野の研究に着手することになった。その研究の過程で、量子コンピュータのブロックチェーン応用を進めてきている。

今回のICOでLatticeは日本円で約5億円ほどの調達を見込んでいる。4月末から2カ月に間でICOを行う予定だ。量子コンピュータ関連のICOは複数存在しているが、Latticeにいわせると、すべて科学的に根拠の少ないプロジェクトだという。ところが、Latticeは、ソースコードをウェブで一部公開するなど、本格的に実現可能なプロジェクトであると強調する。

問い合わせ

企業名:株式会社Lattice
E-Mailはこちらから

<辻 秀雄>

世界のトップトレーダーに
挑戦せよ
WTCに参戦する
メルマガ登録で
最大1000万が当たる
今すぐメルマガ登録する